【ソフィーのアトリエ】効率の良い中盤・終盤のお金稼ぎの方法・金策~その②~金プニ編【攻略】


【ソフィーのアトリエ】効率の良い中盤・終盤のお金稼ぎの方法・金策~その②~金プニ編【攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回は、効率の良い中盤~終盤にかけてのお金稼ぎの方法を記事にしたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

お金!お金!

世の中、お金じゃーぃ!ヽ(^◇^*)/

お金があれば、何でもできる!

お金で幸せは買えないけど、お金があれば幸せになれる!!!

これ、名言ね!!!!!

 

 

 

 

 

…こほん(´-ω-`)

お金の話になり、一人で盛り上がってしまい申し訳ありません。

「お金で幸せは買えないけど、お金があれば幸せになれる」…これを書きたかっただけなんです、許して下さい(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

ソフィーのアトリエ 攻略 お金稼ぎ 効率 金プニ

ではでは、本題に入りましょう。

まず、今回紹介するお金稼ぎの方法で倒す敵は、こちらの「金プニ」です。

ま・た・お・ま・え・かwww

いやー、なんか何度もお世話になっちゃってごめんなさい、「金プニ」先生(●´艸`)

 

 

 

 

 

ソフィーのアトリエ 攻略 お金稼ぎ 効率 金プニ

そして、場所はこちらの「渚の古跡」です。

もし、まだ「渚の古跡」が出ていない人!

…おとなしく、以前の記事で紹介した「お金稼ぎの方法~その①~」をやって下さい(´-ω-`)

「お金稼ぎの方法~その①~」でも、そこそこのお金をゲットすることができますからね( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

ソフィーのアトリエ 攻略 お金稼ぎ 効率 金プニ

なお、「渚の古跡」に入る前に確認。

探索装備で、「勝者のお守り」は装備していますか?

「勝者のお守り」は、モンスターから入手できるお金の量を増やしてくれるという、素晴らしい効果が付いている装備です。

必ず装備するようにしましょう( ゚Д゚)y─┛~~

もちろん、効果はできるだけ高いものにするようにして下さいね!

 

スポンサーリンク

 

 

ソフィーのアトリエ 攻略 お金稼ぎ 効率 金プニ

それからもう一つ。

難易度を「ハード」にしましょう。

「ハード」にすることにより、モンスターから入手できるお金の量が一気に増えます。

それはもう、びっくりするぐらいに(●´艸`)

 

 

デメリットとしては、モンスターが強くなってしまうことが挙げられますが…ま、相手はあの「金プニ」先生ですからね(´-ω-`)

少し強くなったところで、何の問題もないw

 

 

 

 

 

ソフィーのアトリエ 攻略 お金稼ぎ 効率 金プニ

ここまで準備できたら、あとは「渚の古跡」に入って戦うだけです!

入ってすぐのところに一匹、それから左奥に一匹、計二匹マップいます。

戦闘に入ったら、最大で五匹ですかね…弱いので、とにかく一瞬でボコボコにしてやりましょう( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

ソフィーのアトリエ 攻略 お金稼ぎ 効率 金プニ

たった一回の戦闘で、1575コールもゲットできちゃいました!

経過時間を考えたら、これはうますぎるw

「金プニ」先生、だーいすき!!!

 

 

なお、上記で紹介した「勝者のお守り」の効果を上げれば、さらに多くのお金をゲットすることができますよ(●´艸`)

 

 

 

 

 

以上で、効率の良い中盤~終盤にかけてのお金稼ぎの方法の紹介を終わります。

特に難しいことは考えず、「金プニ」先生を倒すだけの簡単な作業で大量のお金ゲット…お金に困っている人、すぐに試してみて下さい(´-ω-`)

そして、私と一緒にお金持ちになろうぜ!!!

 

 

…誰か、現実でもこんなに楽にお金稼げる方法知りませんかね(´;ω;`)

 

 

・序盤の効率の良いお金稼ぎに関する記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>