【MHX】強い!双剣のオススメスキルの紹介【モンスターハンタークロス攻略】


【MHX】強い!双剣のオススメスキルの紹介【モンスターハンタークロス攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回は双剣でオススメできるスキルの紹介をしたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

双剣難しいなぁ~…二刀流はものすごくかっこいいんだけど、とても使いこなせる気がしない(´;ω;`)

スタミナ管理が大変で、気持ちだけが焦っちゃうよ✩

双剣を卒業(中退)する日も近いぜ…!(ぉぃ

 

 

…本題に入ります(´-ω-`)

 

 

 

 

 

MHX モンハン クロス 攻略 強い オススメ スキル 双剣

「斬れ味(業物)」

 

斬れ味が落ちにくくなるスキルです。

双剣は手数が非常に多いので、必然的に斬れ味の消耗も激しいです。

斬れ味が減ると火力の大幅ダウンに繋がるので、このスキルを発動させてできるだけ斬れ味の消耗を防ぎましょう。

 

 

 

 

 

MHX モンハン クロス 攻略 強い オススメ スキル 双剣

「研ぎ師(砥石使用高速化)」

 

上記で紹介した「斬れ味(業物)」を発動することができない場合、是非発動させておきたいスキルです。

空きスロットが5個もあれば簡単に発動させることができるのが嬉しいですね!

 

 

 

 

 

MHX モンハン クロス 攻略 強い オススメ スキル 双剣

「○属性攻撃(○属性攻撃強化)」

 

双剣の手数の多さを活かし、属性攻撃でダメージを与える場合に有効となるスキルです。

それぞれの武器の属性に合わせてスキルを選ぶ必要があるので大変ですが、中々強力ですよヽ(^◇^*)/

 

 

 

 

 

MHX モンハン クロス 攻略 強い オススメ スキル 双剣

「スタミナ(ランナー)」

 

回避とガード時以外のスタミナの減少値を減らしてくれるスキルです。

鬼人化と非常に相性の良いスキルで、このスキルを発動させれば長時間鬼人化状態を維持することができます。

が、スタミナに関しては強走薬などで代用することができるので、最終的には外して他の火力スキルを発動させることをオススメします。

 

スポンサーリンク

 

 

MHX モンハン クロス 攻略 強い オススメ スキル 双剣

「回避性能」

 

回避時の無敵時間を増やしてくれるスキルです。

双剣はガードできない武器なので、このスキルを発動させておけば生存率がぐっとあがります。

が、今作では「ブシドースタイル」で壊れ性能の「ジャスト回避」があるので、回避は「ジャスト回避」に頼り、他の火力スキルを発動させるのが賢いと思われます。

 

 

 

 

 

MHX モンハン クロス 攻略 強い オススメ スキル 双剣

「連撃(連撃の心得)」

 

連続で攻撃することにより会心率が上昇するスキルで、手数が多い双剣と非常に相性の良いスキルです。

会心率を高めることができれば、他のスキルの選択幅も広がるので是非発動させておきたいスキルですね(●´艸`)

 

 

 

 

 

以上で、双剣のオススメスキルの紹介を終わります。

 

 

 

 

 

MHX モンハン クロス 攻略 強い オススメ スキル 双剣

なお、現状双剣使いの方は「桐花シリーズ」をメインで使っている方が多いです。

発動スキルは、

 

・連撃の心得
・会心擊【属性】
・超会心

 

の3つとなっており、双剣と非常に相性が良いです。

「桐花シリーズ」に関する詳しい記事は、こちらを参照して下さい。

双剣の最終装備と書いてしまっても過言ではないと思うので、双剣を使うなら是非「桐花シリーズ」は作成するようにしましょう!

クリティカルが発生しまくって、めっちゃ気持ちいいですよーヽ(^◇^*)/

 

 

・桐花シリーズに関する記事はこちら。

・双剣のオススメ武器に関する記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>