【DQB】ビルド石整地のやり方・方法(みんなのビルド石)~フリービルドモード・知られざる島編~【ドラゴンクエストビルダーズ攻略】


【DQB】ビルド石整地のやり方・方法(みんなのビルド石)~フリービルドモード・知られざる島編~【ドラゴンクエストビルダーズ攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回はフリービルドモードでもっとも効率の良い整地方法・ビルド石整地というものを紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

ビルド石整地に関しては、すでに情報が出ているので知ってる人も多いと思いますが…ここで具体的なやり方・方法をまとめておこうと思います。

知らない人は是非見ていって下さいーヽ(^◇^*)/

※以下の文章はオンラインモードでのお話です。オフラインモードでは利用できないので注意して下さい。

 

 

 

ビルド石整理の手順

みんなのビルド石の作成画面

まずは一番重要なアイテム・みんなのビルド石を作りましょう。

 

・レンガ×1
・鉄のインゴット×1

 

で作ることができます。

簡単ですね(●´艸`)

あ、最初から設置してあるみんなのビルド石を利用しても大丈夫ですよー!

 

 

 

みんなのビルド石を設置しよう!

山の前にみんなのビルド石を置く

次です。

整地したい場所にみんなのビルド石を設置しましょう。

今回は山が邪魔だったので、山の前にみんなのビルド石を設置してみました。

 

 

 

更新設定を確認しよう!

ときどき更新するに変更する

設置したら○ボタンを押して、みんなのビルド石の設定画面を開きます。

そして黄色の□で囲んでいる場所、「更新設定」の箇所が「どきどき更新する」になっているか確認して下さい。

もしなっていない場合は、「建物の自動更新」という箇所を選択し、「ときどき更新する」に変更して下さいね!

 

 

 

少しだけ待つ

ここまで出来たら、少しだけ待ちます。

1分も待たなくていいです。

私の場合、10秒も待てば…

 

スポンサーリンク

 

 

建物が召喚される

建物が召喚されました!

誰の建物が召喚されるかはランダムなので、変な建物が召喚された人はドンマイですw

 

 

 

みんなのビルド石を外す

みんなのビルド石を外す

誰かの建物が無事召喚されたら、再度みんなのビルド石の設定画面を開きます。

そして、「石をはずす」を選択して下さい。

すると…

 

 

 

建物と山が消える

建物が消え、そこにあったはずの山も見事に消えました!

おめでとうございます、これで整地の完了ですヽ(^◇^*)/

 

 

 

あとは上記を繰り返すことにより、効率よく整地をしていくことができます。

これが俗に言う、ビルド石整地というものになります。

理解してくれたかなー?(●´艸`)

 

 

 

最後に

以上で、効率の良い整地方法・ビルド石整地の紹介を終わります。

なお、ビルド石整地を行うにあたり、宝箱が消失するという事案が発生するそうです。

宝箱が消えるのは別にどうでもいいのですが、中に入っている「いのちのきのみ」が消えるのは痛いですね(ノД`)・゜・。

 

 

しかーし!

宝箱が消えても、中に入ってる「いのちのきのみ」は消えないそうです。

「いのちのきのみ」があった場所の近くを通れば入手することが可能らしいので、安心してビルド石整地を行って下さいねーヽ(^◇^*)/

 

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

「【DQB】ビルド石整地のやり方・方法(みんなのビルド石)~フリービルドモード・知られざる島編~【ドラゴンクエストビルダーズ攻略】」への2件のフィードバック

    1. >ヒルガイさん

      確認したところ、オンラインに繋がないと建物が更新されないのでできないですね(´・ω・`;)
      記事に追記しておきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>