【セツナ】刹那システムとは~効果・説明~【いけにえと雪のセツナ攻略】


【セツナ】刹那システムとは~効果・説明~【いけにえと雪のセツナ攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回はいけにえと雪のセツナ刹那システムの効果の説明をしたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

いけにえと雪のセツナを始めました!

まだ始めたばっかりなのですが、中盤以降のボスが中々強いですね(´・ω・`;)

普通に全滅してますw

ど、どうしてこうなった…(´;ω;`)

 

 

 

刹那システムの説明

刹那システムの説明1

ではでは、本題に入りましょう(´-ω-`)

まずは上の画像の黄色い丸で囲んでいる箇所を確認して下さい。

ここはゲージが溜まる箇所で、刹那ゲージと言われます。

上の画像では、まだ0の状態ですね( ̄ー ̄)

 

 

 

刹那ゲージを溜める

刹那システムの説明2

刹那システムを使用するために、まずはこの刹那ゲージを溜めましょう。

溜め方は簡単で、何らかの行動を取れば勝手に溜まります。

攻撃したり、魔法を使ったり、アイテムを使ったり…とにかく何でもいいです(●´艸`)

一番早い溜め方は、キャラクターのターンが来てもわざと行動しないで放置することですかね!

手数は減りますが、その分すごい勢いで刹那ゲージを溜めることができますよヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 

 

刹那システムの説明3

そして、刹那ゲージが満タンまで溜まると左上に玉が1つストックされます。

これで刹那システムを使用することができるようになりました!

やったねヽ(^◇^*)/

 

 

なお、玉は最大で3つまでストックすることができます。

無理に3つストックする必要はないので、その辺は臨機応変に対応して下さい(´-ω-`)

 

 

 

刹那システムを使おう

刹那システムの説明4

玉が1つ以上ストックされている状態で、攻撃や魔法などを発動させてみましょう。

すると、上の画像のようにモーションの直前に電撃?みたいなのが走ると共に、変な音がします。

そのタイミングで□ボタンを押すと…

 

 

 

効果発動

刹那システムの説明6

刹那システムが発動します。

なお、刹那の効果は様々です。

追加ダメージを与えるもの、HPを回復させるもの、効果範囲が全体になるもの…とにかく様々な効果が発動するので、一度試しで使ってみましょう!

 

 

 

最後に

以上で、刹那システムの紹介を終わります。

簡単にまとめますと、「刹那ゲージに1ストック以上玉が溜まっているときに□ボタンを押せ!」ってことですね((・´∀`・))

ただ、私の場合□連打してると中々上手く発動してくれないことが多かったです(´;ω;`)

連打じゃダメなのかな…タイミングが中々シビアなので、慣れるしかないかぁ(ノД`)・゜・。

 

 

あと、刹那システムは昇華システムを極めるために必須となるシステムです。

昇華システムを利用して最強の魔法を作るためにも、刹那システムは使いこなせるようにしましょう!

 

 

関連リンク

・昇華システムに関する記事はこちら。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

「【セツナ】刹那システムとは~効果・説明~【いけにえと雪のセツナ攻略】」への4件のフィードバック

  1. 説明ありがとうございます!ゲーム内のチュートリアルより分かりやすくて助かりました!

    1. >ルーシさん

      参考になったようでよかったです!
      このゲーム、説明が不十分でちょっと分かりにくいですよね(ノД`)・゜・。

  2. あー、これ四角を押すんですねw最後までブロウビートしかしてこなかったから昇華や刹那ってなんやねん?って感じでした

    1. >匿名さん

      昇華と刹那一切無しで本編をクリアしていることに驚き…w
      まぁブロウビートが強すぎですからね(ノД`)・゜・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>