【セツナ】武器強化のコツ~最強の武器を作ろう編~【いけにえと雪のセツナ攻略】


【セツナ】武器強化のコツ~最強の武器を作ろう編~【いけにえと雪のセツナ攻略】狩りゲー島どもー!さくですよっ!

今回は最強の武器を作ろうということで、武器強化コツを紹介しちゃいますよ!

 

スポンサーリンク

 

 

武器強化すると、実はどの武器でも最強になれちゃう可能性があるんです。

皆さん、知ってました?

というわけで、早速本題に入っていきましょーヽ(^◇^*)/

 

 

 

最強武器作成方法

武器の最終強化値はほぼ同じ

まずはこの事実を把握して下さい。

どの武器も、オリハルコンという素材で強化すれば、最終強化値はほぼ同じです。

最初から主人公エンドが装備している蛍雪という武器も、最後のほうで入手できる虹という武器もほぼ同じです。

ほぼ同じと書いているのは、以下で紹介する武器の特殊効果というもので多少上下するからです。

 

 

 

武器の特殊効果を見よう

虹

ではでは、それぞれの武器の特殊効果を確認しましょう。

上の画像は虹という武器ですが、黄色の線が引いてある箇所を見て下さい。

「クリティカル率が高くなる効果」と書かれていますね(´-ω-`)

これが特殊効果です。

 

 

この特殊効果によって、微妙に最終強化値の数値が上下します。

 

 

 

夢幻

これは夢幻という武器ですが、特殊効果が「物理攻撃力は他の追随を許さない」となっていますね。

この特殊効果のおかげで、上記で紹介した虹と比べると、圧倒的に物理攻撃力の値が大きいことが分かると思います。

その代わり、魔法攻撃力の値が低く設定されています。

 

 

これが特殊効果の影響です。

全ての武器の最終強化値は同じなので、あとは特殊効果を見てあなたに合っている最強の武器を選びましょう!

 

 

 

あとは強化するだけ

オリハルコン

特殊効果を見て、あなただけの最強武器は決まりましたか?

決まったら、あとはその武器をオリハルコンという素材を使って強化しましょう!

オリハルコン以外は使う必要ないです(´・ω・`;)

これで最強武器の完成ですね、おめでとうヽ(^◇^*)/

なお、オリハルコンは鍵付き宝箱から入手する、もしくはラスボス直前のショップで購入することができますので、数が足りなかったら買いましょう。

一個20000Gとぼったくり金額ですがね(ノД`)・゜・。

 

スポンサーリンク

 

 

オススメ武器の紹介

最後に、主人公エンドの私なりのオススメ最強武器を紹介しておきます。

上記でも書いていますが、どれを最強武器とするかはあなた次第です。

ですので、参考程度にするようにして下さいねー!

 

虹

数値こそ平均的ですが、クリティカル率が上昇します。

クリティカルが発生すれば大きなダメージを与えることができるので、オススメ武器とさせていただきました(●´艸`)

 

 

夢幻

夢幻

エンドの武器の中でもっとも高い物理攻撃力を誇ります。

筋肉ムキムキエンドを目指したい人にオススメ!

 

 

斬魔

斬魔

上記で紹介した夢幻とは逆で、魔法攻撃力が一番高い武器です。

知的インテリエンド君を目指したい人はどうぞ!

 

 

風魔

風魔

最高の防御値を誇ります。

特殊効果は「回避率を上昇させる効果」と書かれているのですが、なぜか防御値も最大となりましたw

しぶとく生き残りたい場合にオススメです( ̄ー ̄)

 

 

 

以上で、武器強化のコツの紹介を終わります。

要点だけまとめると、「最終強化値はほとんどなんだから、特殊効果を見て自分の好きな武器を強化しろ!!!」ってことですねヽ(^◇^*)/

うん、これでまとまったまとまった(勘違い

 

 

関連リンク

・鍵付き宝箱の入手場所・中身に関する記事はこちら。

 

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>