【ガンブレ3】オススメ最強武器「拳法」の紹介~マジで強いよ編~【ガンダムブレイカー3攻略】


【ガンブレ3】オススメ最強武器「拳法」の紹介~マジで強いよ編~【ガンダムブレイカー3攻略】狩りゲー島どもどもっ、さくですよ!

今回は巷で最強といわれている拳法のことを紹介したいと思います!

実際に使ってみましたが、まさかこんなに強いとは…(´・ω・`;)

 

 

拳法を使ったときの第一印象ですが、とにかく使いやすい!

これに尽きますね(●´艸`)

他の武器と比べると、攻撃速度が段違いです。

しかも、遠距離から攻撃しようとすると超高速ダッシュで敵に飛び蹴りを食わします。

もうね、笑いが出るレベルw

しかもこの上強いだなんて…もう他の武器なんて使えないわ!!!

 

スポンサーリンク

 

 

拳法武器の紹介

拳法用MSハンド

拳法用MSハンド

まずは拳法を使うため、「拳法用MSハンド」という武器を用意しましょう。

ここでいきなりですが、注意点を一つ!

似た名前で、「格闘用MSハンド」という武器があります。

名前は似てますが、性能が全く異なるので間違えないよう注意して下さいね!

私は最初、見事に勘違いしていましたw

なんてこったい(ノД`)・゜・。

 

 

 

入手場所

プラクティス

一番早く入手できるのは、チャプター1のプラクティスだそうです。

実際に確認しようとしましたが、何故か確認できず…(´・ω・`;)

そしてたまたまホットスポットになったのでそれをクリアすると、無事「拳法用MSハンド」の入手を確認することができました!

もし私と一緒で入手できない人は、ホットスポットになるのを待ってみましょーヽ(^◇^*)/

 

 

 

どうして最強なの?

緑オーラ

問題はこの点ですよね(´-ω-`)

拳法の何が最強なのか?

めちゃくちゃ使いやすいというのは、上記で紹介しました。

 

 

拳法には、オーラというシステムがあります。

上の画像を見てもらったら分かりますが、ガンダムの両手が緑色に光っていますよね?

これがオーラです(●´艸`)

 

スポンサーリンク

 

 

赤オーラ

10回攻撃を当てると緑色に光り、20回当てると赤色に光ります。

そして、この赤色に光ったときが最強なんです!

 

 

 

全パーツ解体

両手が赤色に光っているときに△ボタンの強攻撃を押すと、三連激を繰り出します。

そして、最後の三連激目の体当たりでなんと敵のパーツを全て吹っ飛ばしますw

全ててwww

上の画像を見てもらったら、どれぐらい悲惨な光景なのか理解することができますね((・´∀`・))

 

 

 

グラウンドブレイク

敵の全パーツを吹っ飛ばすことができたら、あとはもうこっちのもの!

グラウンドブレイクで敵にトドメをさしましょう(●´艸`)

パーツさえ全てぶっ飛ばすことができれば、強敵だろうがなんだろうが一撃です。

無慈悲な一撃(´-ω-`)

 

 

 

以上で、最強の拳法の紹介を終わります。

なお、この強すぎる拳法をさらに強くする簡単な方法があります。

それは、拳法のオススメEXアクションである「スプリットフォース」と、「フォースエクステンド」を使うだけです。

この二つのEXアクションを使いこなせるようになると、さらに拳法がアホみたいに強くなるので、是非使いこなせるようになりましょう!

 

 

普通に使うだけでも使いやすくて強い、さらにその上オーラというシステムで敵の全パーツを問答無用で吹っ飛ばし、さらにさらにグラウンドブレイクでトドメをさせる…強すぎワロエナイw

間違いなくオススメできる武器なので、どの武器を使うか迷っている人は一度使ってみて下さい!

最悪、他の武器を使うことができなくなっちゃいますよ!w(ぉぃ

 

スポンサーリンク

 

関連リンク

⇒EXアクション「スプリットフォース」に関する記事はこちら!
⇒EXアクション「フォースエクステンド」に関する記事はこちら!
⇒強すぎるトランス系EXアクション「スーパードラグーン」の記事はこちら!
⇒オススメオプション装備「頭部バルカン」の記事はこちら!
⇒オススメ腕パーツ「クシャトリヤ」の記事はこちら!
⇒オススメ脚パーツ「ケルディムガンダム」の記事はこちら!

 


こちらの記事もどうぞ

「【ガンブレ3】オススメ最強武器「拳法」の紹介~マジで強いよ編~【ガンダムブレイカー3攻略】」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>