【討鬼伝2】新ミタマ「繰」の使用感・評価~何これ強いぞ編~【攻略】


【討鬼伝2】新ミタマ「繰」の使用感・評価~何これ強いぞ編~【攻略】狩りゲー島どもどもっ、さくですよ!

今回は新しいミタマ」のことを私なりに書いておこうと思います!

 

 

今のところ、新しいミタマで判明しているのは「繰」だけですね…他には追加されないのかしら?

あと、「繰」のことを「操」と最初思っていたのは内緒…(ぇ

 

スポンサーリンク

 

 

 新ミタマ「繰」の紹介

ミタマ「繰」

というわけで、こちらが新ミタマの「繰」となります。

体験版の時点では、聖徳太子のみが「繰」ですね(●´艸`)

確か、全作では「隠」だったと思うのですが…。

 

 

 

攻種召喚

攻種召喚

攻種召喚発動

ではでは、一つずつ見ていきましょう!

R1+□で攻種召喚を発動すると、青色の弾の繰鬼が出現します。

この繰鬼は自キャラが攻撃すると、追随して攻撃してくれるみたいですね( ̄ー ̄)

 

 

 

攻種召喚で鬼祓い

ただし、攻種召喚後に鬼祓いをすると自キャラの周りをグルグル周り、比較的高速で鬼を攻撃してくれるようになります。

面白いなw

 

 

 

衛種召喚

衞種召喚

衞種召喚発動

次は衛種召喚です。

R1+△で発動させることができ、黄色い弾の繰鬼が出現します。

これも攻種召喚同様、自キャラが攻撃することで鬼に飛んで行き、属性耐性値を下げるようです。

 

 

 

衞種召喚で鬼鬼祓い

また、発動中に鬼祓いをすると自キャラの周囲をグルグル回ったあと、赤色の陣を発生させます。

この陣が五大属性攻撃を無効化する陣みたいですね!

ふむふむ、なるほど…ちなみにこの陣は設置型のようで、陣を設置したあとに移動してもしばらく残ってましたヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 

 

五輪権現

五輪権現発動

最後!

R1+○で発動させることができる五輪権現です。

発動させると赤色の弾の繰鬼が出現し、鬼に強力な攻撃を仕掛けてくれます。

 

 

 

なお、この五輪権現は鬼祓いをすることで攻撃間隔が短くなります。

強力な攻撃の間隔が短くなるのは嬉しいですね(●´艸`)

 

 

 

鬼祓いゲー?

全部召喚して鬼祓い

上記を見てもらったら分かったと思いますが、新ミタマ「繰」では各タマフリを発動後、鬼祓いをすることで性能が変化します。

これを利用し、「攻種召喚・衛種召喚・五輪権現」全て発動後、鬼の前でひたすら鬼祓いをしてみました。(※衞種召喚はいらないですねw)

するとどうでしょう…!

 

 

な、中々強いじゃありませんかヽ(^◇^*)/

上の画像が参考画像になるのですが…めちゃくちゃになりましたw

何より、鬼の前でただR1ボタンをおしっぱにするだけで良いという手軽さ…!

 

 

あまりに適当すぎる戦法ですが、ミフチ相手に使うとこれだけで7割ほど削ることができました。

あれ、もしかしてこの戦法強い…?(´・ω・`;)

他のミタマはほとんど使ってないので詳しいことは分かりませんが、中々強そうですねw

 

 

 

最後に

以上で、新ミタマ「繰」の紹介を終わります。

「繰」が強すぎて、鬼の前でひたすら鬼祓いをするゲームになったらそれはそれで面白いですねw

ま、そうなったら修正待ったなしでしょうが…!

 

スポンサーリンク

 

関連リンク

⇒アラタマフリに関する記事はこちら!
⇒ニギタマフリに関する記事はこちら!
⇒鬼ノ手に関する記事はこちら!

 


こちらの記事もどうぞ

「【討鬼伝2】新ミタマ「繰」の使用感・評価~何これ強いぞ編~【攻略】」への4件のフィードバック

  1. このゲームはあまり得意ではないなあ・・・地球防衛軍などだったら得意です・・・・・・・・鬼ノ手!?

    1. >ジョーカーさん

      私はこういったゲームが得意です!
      得意というか…好きって感じですね(´-ω-`)

  2. 楽しいですねw
    自分も最初使ってました!

    でも武器によってはやはり微妙なんで普通ぐらいでしょう多分。

    1. >しんさん

      武器とスタイルなんて人それぞれですからね…
      私も結局「防」使ってますし(;´Д`A “`

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>