【ドラクエ5】水のリング入手、そしてついに結婚へ~その14~【DQ5 レトロゲームブログ】


【ドラクエ5】水のリング入手、そしてついに結婚へ~その14~【DQ5 レトロゲームブログ】狩りゲー島どもどもっ、さくですよ!

今回は水のリングの入手、それから結婚するまでのことを記事にしたいと思います。

 

 

とうとうこの時がやってきてしまいました(´-ω-`)

ドラクエ5の中で最大のイベント…そう、結婚です!

このシステムを考えた人、天才!!!

 

スポンサーリンク

 

 

滝の洞窟

水のリングが隠されている滝の洞窟に到着しました。

ビアンカをPTに入れていたため、様々なところで会話が発生します。

いやぁ、楽しいねぇ!

 

 

 

ビアンカとの会話

へぇ!お尻を触られたんだ!

 

 

 

…って、なんだって!?( ̄□ ̄#)

どいつだどのクソ野郎だぶっ○せえええええええええええええええええええええ

 

 

 

水のリング

危うく修羅の道を進むところでしたが、何とか水のリングを入手することに成功。

やったねヾ(〃^∇^)ノ

 

 

 

ビアンカとの会話

水のリング入手直後のビアンカのセリフです。

…なんか心に刺さりますね(;´Д`A “`

うぅ(´;ω;`)

 

 

 

ビアンカとの会話

何ともないことをアピールするビアンカちゃん。

健気やなぁ(ノД`)・゜・。

 

 

 

ルドマン

とりあえず、水のリングをルドマンのところへ持って行きます。

これで一応、フローラと結婚する準備ができました。

できたのですが…き、気まずい(;´Д`A “`

 

 

 

フローラの会話

フローラがビアンカに気付きます。

まぁビアンカちゃんは美人だからすぐ気付いちゃいますよね!

 

 

 

ビアンカの会話

ただの幼馴染…

ただの幼馴染…

ただの幼馴染…

 

 

 

さく青年に100のダメージ!

 

 

 

フローラの会話

エッ?(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?

 

 

 

フローラの会話

エッ?(゚Д゚≡゚Д゚)エッ?

( ゚д゚) ooO(ナゼバレタ

 

スポンサーリンク

 

 

フローラの会話

た、確かにそうなのですが><

 

 

 

ルドマン

ここでルドマンから素晴らしい提案がされます。

さく青年がビアンカとフローラ、どちらと結婚するか選べと…。

すごい嬉しい展開だけど、中々キツイ選択だよ!

こんなキツイ選択、リアルでされたら発狂しちゃうよ!

絶対無いけどね!えっへん!!!

 

 

 

…あれ、何だろう。

目から汗が出てくるなぁ(´;ω;`)

 

 

 

ルドマン

うむ。それがいい!と言ってますが、ルドマンはそれでいいの?

もしさく青年がビアンカを選んだら、全てが水の泡になる気がするのですががが(;´Д`A “`

 

 

 

ビアンカとの会話

というわけで、さく青年はビアンカとフローラのどちらと結婚するかを決めることになりました。

一日時間をいただいたのですが、どうも寝付けません。

仕方ないので、ビアンカとフローラに話しかけにいきます。

まずはビアンカですが…

 

 

 

ビアンカとの会話

またまたこんな健気なこと言ってます。

ビアンカちゃんは自分の感情を押し殺しちゃうタイプのようですね(´-ω-`)

優しい性格だからだろうけど、きっといつか後悔しちゃうよ!><

 

 

 

爆睡してるフローラ

フローラの所にも行ってみました。

 

 

 

…爆睡しとるw

結婚式前日にまさかの爆睡www

フローラちゃんは中々の強者みたいですなぁ\(^o^)/

 

 

 

ルドマンの会話

ついでに近くにいたルドマンにも話しかけると、さく青年のことを気に入ったからどちらと結婚しても協力してくれるらしいです。

まさか、ルドマンも私のことを好きになっていたとは…恐るべき、イケメンオーラ!

 

 

 

…あ、ちなみに私にそっちの気はないですからね┌(┌^o^)┐ホモォ…

 

 

 

というわけで、今回はここまで!

次の記事で、とうとう結婚相手が決まっちゃいます!

さく青年は一体どちらと結婚するのか!?

もう答えは分かりきっていると思いますが、一応お楽しみに!!!(ぇ

 

スポンサーリンク

 


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>