【ペルソナ5】マダラメ・アザゼル・イチリュウサイの倒し方・コツ【P5攻略ブログ】


【ペルソナ5】マダラメ・アザゼル・イチリュウサイの倒し方・コツ【P5攻略ブログ】狩りゲー島どもどもっ、さくですよ!

今回は「マダラメ・アザゼル・イチリュウサイ」の私なりの倒し方を紹介したいと思います。

 

 

敵は数が多く、さらに範囲攻撃を多用してくるため、一度押されると立て直すのが非常に厳しくなります。

最初はとにかく数を減らすことを考えましょう!

数さえ減らせば、割と楽に勝てますよヾ(〃^∇^)ノ

 

スポンサーリンク

 

 

 マダラメ・アザゼル・イチリュウサイ

マダラメ・アザゼル・イチリュウサイ

というわけで、こちらが今回戦う敵ですね!

うへぇ…気持ち悪いw

見た目通りですが、4体います(;´Д`A “`

 

 

 

画伯の右目

まずは「画伯の右目」。

HPは300で、「火炎」「氷結」「電撃」「疾風」の攻撃を吸収します。

ダメージを与える場合は、物理で攻撃しましょう!

 

 

 

画伯の左目

「画伯の左目」。

「画伯の右目」と全く同じでHPは300、「火炎」「氷結」「電撃」「疾風」の攻撃を吸収します。

「画伯の右目」との違いは、攻撃魔法を使うのではなく弱体化魔法を使ってくるという点ですね(´-ω-`)

そのため、倒すのは一番最後でOKです。

 

 

 

画伯の鼻梁

「画伯の鼻梁」。

HPは300で、「念動」「核熱」「祝福」「呪怨」を吸収します。

好きな方法でダメージを与えましょう。

 

 

 

画伯の口腔

最後に「画伯の口腔」。

HPは300で、「物理」「射撃」を吸収します。

魔法攻撃でダメージを与えましょう。

 

 

 

戦い方

全体攻撃

戦い方ですが、まずは全体魔法を使って「画伯の鼻梁」と「画伯の口腔」を倒します。

この際、「画伯の右目」と「画伯の左目」はHPを回復してしまいますが無視しちゃって大丈夫です( ̄ー ̄)

とにかく数を減らすことに専念してください。

 

 

 

画伯の右目

「画伯の鼻梁」と「画伯の口腔」を倒すことができれば、次は「画伯の右目」を物理攻撃で倒します。

「画伯の左目」は弱体化魔法しか使ってこないので、ぶっちゃけ怖くないです。

 

 

 

画伯の左目

「画伯の右目」を倒すことができたら、最後に「画伯の左目」を倒しましょう。

こいつも物理攻撃でボコボコにしちゃってください(●´艸`)

 

 

 

マダラメ・アザゼル・イチリュウサイ

顔を全て倒すと、本体が登場します。

本体は非常に弱いので、とにかく攻撃しまくってダメージを与えることに専念しましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

なお、本体の状態で2ターンが経過すると、顔パーツが全て復活します。

HPは少し減っているので、上記で紹介した方法で再び全て倒しましょう。

焦りは禁物ですよヾ(〃^∇^)ノ

 

 

 

墨

上記の行動を2回繰り返すと、3回目の顔パーツが復活するときに特別な命令を出せるようになります。

※理想は2回繰り返すまでに本体のHPを0にすることですが…。

 

 

 

派遣

このとき派遣するキャラは、誰でも問題ないです。

私の場合、回復キャラは置いておきたかったので「坂本 竜司」を派遣に出しました。

行ってこい、骸骨野郎!!!

 

 

 

派遣成功

作戦が成功すると、顔パーツ全てに墨(?)が付き、全ての攻撃が弱点扱いとなります。

こうなるともう楽勝ですね(●´艸`)

一瞬で全顔パーツをダウンさせることができるので、速攻で倒してしまいましょう。

 

 

 

メディア

なお、この戦闘では「メディア」を使える仲間が二人欲しいです。

敵の数が多いのと、範囲攻撃を多用してくる、さらに弱点の攻撃を食らって追撃される回数が多いですからね…少しでもHPの回復手段は用意しておくようにしましょう!

 

 

 

以上で、「マダラメ・アザゼル・イチリュウサイ」の私なりの倒し方の紹介を終わります。

とにかく敵の数を減らす!

これさえ守れば、楽勝の相手ですよーヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 


こちらの記事もどうぞ

「【ペルソナ5】マダラメ・アザゼル・イチリュウサイの倒し方・コツ【P5攻略ブログ】」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>