【フィリスのアトリエ】最強!?強いオススメアクセサリー(装飾品)の紹介【攻略ブログ】

【フィリスのアトリエ】最強!?強いオススメアクセサリー(装飾品)の紹介【攻略ブログ】狩りゲー島どもどもっ、さくですよ!

今回は私が愛用している、めちゃくちゃ強いアクセサリーを紹介したいと思います。

 

 

アトリエシリーズでは同じ装備品でも、錬金方法によって強さが全く異なります。

そのせいもあり、どのアクセサリーを選ぶべきなのか、強化するべきなのか迷いますよね(´・ω・`;)

そんな人のために、今私のデータで猛威を奮っているアクセサリーを紹介したいと思います(●´艸`)

 

スポンサーリンク

 

 

 強いアクセサリー

チェインバースト

まず、今作ではチェインバーストを狙うのが良い感じです。

過去作では最終的に通常攻撃が強くなり、とにかく○ボタン連打してましたが…変わりましたねw

まぁ私はこっちのほうが好きですが( ̄ー ̄)

通常攻撃連打よりやっぱりスキルとか連発したいじゃないですか分かりますよねこの気持ち!!!(ぇ

 

 

 

魔石のチェイン

魔石のチェイン

ではでは、早速本題に入りましょう。

まず一つ目は「魔石のチェイン」。

効果は上から、

 

・全てを繋ぐ鎖:Lv8
・守りを力に:Lv7
・魂の覚醒:Lv7
・連携ボーナス+3:Lv10

 

となっております。

「守りを力に」と「魂の覚醒」はLv7ですからね!

間違えてMAXのLv9まで上げてしまわないように(´-ω-`)

チェインバーストを効率よく狙うなら外せないアクセサリーです。

チェインバーストゲージや連携率がモリモリ上昇していきますよヾ(〃^∇^)ノ

 

 

 

蒼水晶の指輪

蒼水晶の指輪

2つ目は「蒼水晶の指輪」。

効果は上から、

 

・古の賢者の刻印:Lv10
・精神を力に:Lv4
・魔法使いの加護:Lv4
・時を加速する:Lv10

 

となっております。

「精神を力に」と「魔法使いの加護」はマックスのLv10まで上げてしまわないように!

ただし、「精神を力に」の箇所をLv7まで上げると「生命を力に」になります。

「精神を力に」はMPの最大値でステータスが上昇し、「生命を力に」はHPの最大値でステータスが上昇します。

自分が使うキャラのHPとMPを確認し、どちらにするか決めてから作成するようにしましょう(´-ω-`)

 

 

 

リンケージ

この2つのアクセサリーを装備すると、あっという間にチェインバーストゲージを溜めることができます。

しかもそれだけじゃなく、連携率もアホみたいにグングン上昇します。

上の画像を見てください。

451%\(^o^)/

強い敵相手だとかなり上昇してくれて、ダメージが大変なことにw

 

スポンサーリンク

 

 

スキル多段ヒット

また、チェインストライク、またはチェインフィニッシュもバシバシ発動します。

とにかくこの2つのダメージがすごい!

強敵相手でも、このダメージのおかげで余裕で倒せます。

チェインストライク、チェインフィニッシュさんありがとうございますこれからもお世話になりますずっ友だよ!!!

 

 

 

多段ヒット

そうそう。

あと、何故か攻撃が多段ヒットするようになります。

スキルもです。

これは狙ってたわけではないのですが…どうしてこうなった(´゚ω゚)・*;’.、ブッ

いや、まぁダメージめちゃくちゃ上がってるからいいんだけどね?

 

 

 

グナーデリング

以上で、私が愛用しているめちゃくちゃ強いアクセサリーの紹介を終わります。

他にも強いアクセサリーがあると思いますが、現状私の中ではこの2つが強いので紹介させていただきました!

他にも強いアクセサリーが見つかった場合、追記という形で紹介したいと思います(●´艸`)

最後に、序盤~中盤は「グナーデリング」が強いです。

序盤で入手できるアクセサリーの中では破格の強さで、終盤でも全然使えるアクセサリーなので是非強化して使いましょう!

 

スポンサーリンク

 

次のオススメ記事はこちら!

⇒オススメ強い特性~武器・防具・装飾品・アイテム編~
⇒オススメ全体回復アイテム「そよ風のアロマ」
⇒アンブロシアの花冠のレシピ発想方法・条件
⇒風霊のタリスマンのレシピ発想方法・条件

 

こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>