【ゼノブレイドクロス】エーテル属性ダメージ増加のデバイスを作ろう!~終焉のテレシア対策~【攻略】


【ゼノブレイドクロス】エーテル属性ダメージ増加のデバイスを作ろう!~終焉のテレシア対策~【攻略】狩りゲー島ども!夜中でもブログを更新するさくです!はよ寝ろや!!!

前回同様、「終焉のテレシア」対策の記事となるので心して読んで下さいね!

 

スポンサーリンク

 

 

それでは今回作るデバイスは何かというと~…でれでれでれでれ…

 

 

 

これだー!

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア エーテル属性

はぃ、「ElementDmg.ETHER XX」というデバイスですね。

ドールフレームデバイス⇒攻撃強化の欄で確認することができます。

性能は名前の通りですが、ドールのエーテル属性のダメージが50%も増加します。

アレス君のメインアーツは、主にエーテル属性となるのでこれは非常に強力ですね!

なお、作成するのは2個です。

 

 

 

必要な素材ですが、

・クレアーレ・グリフ 24個
・ケルウスの紫苑老角 24個
・幻日白金 8個

となっております。

例のごとく、幻日白金はレアリソースなので無視しちゃいますよ!

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア エーテル属性

それではまず、「クレアーレ・グリフ」から!

これ、今のところ誰がドロップするか分かっていません。

謎アイテムです。

グーグル大先生にたくさん聞いたんですけど、教えてくれませんでした。

けちぃ(ノД`)・゜・。

 

 

というわけで、嫌々ですがチケットと交換してゲットしましょう。

幸い、1個につきチケット90枚と少ないほうです。

といっても、「ElementDmg.ETHER XX」を3個作るとなった場合、24×2×90=4320枚ものチケットが必要となります。

またチケット稼ぎの日々かよ…いい加減、この苦しい日々から抜け出したい…誰かヘルプミー!!!

 

スポンサーリンク

 

 

そうそう、「クレアーレ・グリフ」はチケットで交換しましょうと書きましたが、何故かこの「クレアーレ・グリフ」、交換時に表示される場所がおかしいです。

上の画像を見てもらったら分かると思いますが、ズースの珍味尻尾とスキエンティ・グリフの間に表示されています。

おまえ、「く」で始まる名前じゃないのかよ!!!

騙されないで下さいね、皆さん。こいつは中々の策士ですよ( ̄□ ̄#)

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア エーテル属性

「ケルウスの紫苑老角」です。

ドロップする敵は「オールド・ケルウス」ですね。

大きい角が2本ほど生えているのですが、この角を破壊することによって確定で「ケルウスの紫苑老角」をゲットできちゃいます。

かならず角は破壊するようにしましょう( ̄ー ̄)

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア エーテル属性

出現場所は、白樹の大陸のシエル湖周辺です。

シエル湖というのは、上の画像の大きな水溜り2つですね。

結構広範囲に散らばっているので、ウロウロしながら見つけてあげて下さい(●´艸`)

 

 

 

これで無事、「ElementDmg.ETHER XX」も作成することができましたね!

良かった良かった!

ここまでくれば、あともう少しで念願の打倒「終焉のテレシア」が達成できます!

最後まで気を抜かず、一緒に頑張っていきましょう!

待ってろよ、「終焉のテレシア」!!!

 

【終焉のテレシア対策その1】ドールのエーテル・ヒート反射無効デバイスの作り方の記事はこちら。

【終焉のテレシア対策その2】エーテル耐性を上げるデバイスの作り方の記事はこちら。

【終焉のテレシア対策その3】GPデバイスを作ろう!の記事はこちら。

【終焉のテレシア対策その4】アルティメット特攻+40%のデバイスを作ろう!の記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 


こちらの記事もどうぞ

「【ゼノブレイドクロス】エーテル属性ダメージ増加のデバイスを作ろう!~終焉のテレシア対策~【攻略】」への2件のフィードバック

  1. クレアーレ・グリフはトゥルドゥール(TAで)だけど、ある程度の装備じゃないと、チケットほうがややいね。

    1. >台湾のリンさん

      やっぱりチケットのほうが早いんですね(-_-)
      チケット稼ぎが効率いいのは分かってるんですが、何回もするのはだるいんだよなぁ…(>人<;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>