【ゼノブレイドクロス】回復手段を用意しよう!~終焉のテレシア対策~【攻略】


【ゼノブレイドクロス】回復手段を用意しよう!~終焉のテレシア対策~【攻略】狩りゲー島ども!「終焉のテレシア」に挑んだ結果、第3段階でボコボコにされたさくですよ!

ちくしょう!ちくしょう!ちくしょー!!!

 

スポンサーリンク

 

 

というわけで、今回はさらなる対策として回復手段を用意したいと思います。

なお、敗因は「終焉のテレシア」が第3段階になったとき長時間無敵状態になるのですが、その間の猛攻に耐えれなかったことですね。

スリープからの強烈な技は勘弁してくれ…いてぇよ(ノД`)・゜・。

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア 回復 手段

作るデバイスは「O.C.GEAR FRAMEHP XX」ですね。

よっしゃ!読めない!助けて!!!

なお、このデバイスの効果はO.C.ギア発動時、ドールのHPを20%も回復してくれるというものです。

これでHPの回復手段は完璧だな!多分(´・ω・`;)

ドールフレームデバイス⇒O.C.ギアの欄で確認することができます。

 

 

作成個数はとりあえず1個で行ってみたいと思います。

もし1個で足りなかったら2個、3個と増やしていけばいいだけですからね!

 

 

 

 

必要な素材は、

・クレクスの甘露黒蜜 32個
・爽やか大トロ 32個
・シルースの黒添え木 32個
・バンドジェリウム 8個

です。

バンドジェリウムはいつも通り無視!レアリソースなんてしらんよ!

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア 回復 手段

まずは「クレクスの甘露黒蜜」です。

ドロップする敵は「インディゴ・クレクス」ですね。

非常に弱く、数もそこそこいるのですがドロップ率が非常に悪いです。

なので、私はチケットと交換でゲットすることにしました。

1個につき、チケット50枚なので少ないです。

32個全てをチケットと交換したとしても、たったの32×50=1600枚ですからね…楽勝だわ!

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア 回復 手段

出現場所は夜光の森、第204区FNスポットの周辺にたくさんいます。

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア 回復 手段

次は「爽やか大トロ」です。

名前の意味が分かりません、どんな大トロなんだよw

ドロップする敵は「ディアーナ・ブリキオ」です。

過去の記事で紹介したことがあるモンスターですね…度々お世話になって申し訳ありません(●´艸`)

 

スポンサーリンク

 

 

ドロップ率はそこそこです。

どこの部位を破壊しても、確定でドロップすることはありませんので気長に集めましょう(´・ω・`;)

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア 回復 手段

出現場所は夜光の森、第212区FNスポットの周辺です。

そこそこ広範囲にいるので、ふらふらとさまよいながら探してあげましょう(´-ω-`)

あと、出現時間は夜限定です。

きっとひきこもりなので、優しい気持ちで接してあげて下さい。

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア 回復 手段

最後に「シルースの黒添え木」です。

ドロップする敵は、「キャニオン・シルース」です。

こいつ、どの部位破壊をしても「シルースの黒添え木」をポロポロ落とします。

部位は【背中・腰・脚×2】と計4箇所もあるので、可能な限り全部位破壊を目指しましょう!

すぐに必要分集まりますよ( ̄ー ̄)

 

 

 

ゼノブレイドクロス 終焉のテレシア 回復 手段

出現場所は忘却の渓谷、ドリアンキャラバンの左下です。

2体ほど大きいのがいるので、すぐに分かると思います( ゚Д゚)y─┛~~

ま、一匹は寝たふりをしているのか全く動かないですけどねw

 

 

 

これで今回も無事、目標のデバイスを作成することができました!

正直、このデバイス1つだけで「終焉のテレシア」の猛攻を凌ぎきれるか分かりませんが、やるだけやってみたいと思います!

また何かあればすぐに更新しますね!

待ってて下さい(●´艸`)

 

【終焉のテレシア対策その1】ドールのエーテル・ヒート反射無効デバイスの作り方の記事はこちら。

【終焉のテレシア対策その2】エーテル耐性を上げるデバイスの作り方の記事はこちら。

【終焉のテレシア対策その3】GPデバイスを作ろう!の記事はこちら。

【終焉のテレシア対策その4】アルティメット特攻+40%のデバイスを作ろう!の記事はこちら。

【終焉のテレシア対策その5】エーテル属性ダメージ増加のデバイスを作ろう!の記事はこちら。

【終焉のテレシア対策その6】回避デバイスを作ろう!の記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>