【スプラトゥーン】ガチホコのタチウオパーキングで使える外壁ルートを検証してみた【攻略】


【スプラトゥーン】ガチホコのタチウオパーキングで使える外壁ルートを検証してみた【攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回は巷で有名になっている、ガチホコルール時限定で使えるタチウオパーキングでの外壁ルートというものを私なりに色々と検証してみました!

 

スポンサーリンク

 

 

最初に書いておきますが、検証とかいいながら全然検証していません(ぉぃ

適当に触ってみただけなので、ご注意をヽ(^◇^*)/

 

 

 

 

スプラトゥーン タチウオ 外壁 ガチホコ

というわけで、早速画像でドンッ!

はぃ、上の画像の場所が通称「外壁ルート」と呼ばれる場所ですね(´-ω-`)

実際にやってみた感じ、慣れれば簡単にガチホコをゴール手前まで移動させることができるので便利だと思いましたヽ(^◇^*)/

ではでは、次にこの「外壁ルート」を使うに当たっての注意点等を色々適当に書いていきます!

 

 

 

まずは当然ですが、壁を塗る必要があります。

検証した結果、プライムシューター、96ガロン、デュアルスイーパーならギリギリ壁を塗ることができました。

つまり、射程が68以上の武器なら問題なく塗れるということですね( ̄ー ̄)

 

 

それ以下の射程の武器は残念ながら届きません(ノД`)・゜・。

特に現状大人気武器の一つであるスシコラが届かないのは少し悲しい…1ミクロンぐらいで悲しいです((・´∀`・))

 

スポンサーリンク

 

 

ただし、サブのクイックボム、キューバンボムなら問題なく塗ることができるので、そちらで塗るのもありでしょうヽ(^◇^*)/

ちなみにボム飛距離アップはいりません。

素でギリギリで届きます(●´艸`)

 

 

 

この「外壁ルート」を狙うデメリットは、やはりミスした場合のロスが大きいということです。

ミスした場合、大体ダイブ死を迎えることになり、その場合ガチホコがマップ中央に戻ってしまいます。

せっかく良い感じのところまでガチホコを進めることができたのに、これはかなり痛いですね(´;ω;`)

自分だけじゃなく、チームメイトにも大きな迷惑を掛ける形となってしまいますので、ダイブ死だけは何とか避けたいものです(´-ω-`)

 

 

 

以上で「外壁ルート」の紹介を終わりますが、いかがでしたか?

最初のほうでも書いていますが、慣れれば結構簡単に出来るようになります。

なりますが、ミスするときはミスするものです。

そして、ミスした場合ロスが非常に大きいです。

この点を考えて、狙える状況にある人はチャレンジしてみて下さい( ̄ー ̄)

人間、チャレンジすることが一番大事ですからね!!!

あ、でも使用は自己責任でお願いしますよ( ゚Д゚)y─┛~~

 

 

 

それでは今回はこの辺で!

最後までご覧いただき、ありがとうございました(●´艸`)

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

「【スプラトゥーン】ガチホコのタチウオパーキングで使える外壁ルートを検証してみた【攻略】」への3件のフィードバック

  1. ふぅ、ついに…ついに…A-にいったぞー!!!!!!
    …でも、A帯はかなりキツイときく。大丈夫かなぁ。
    ちなみに昇格戦は任せっきりでしたww
    このルートって自分がガチホm(ryを持ってても作れるのかな?

    1. >まーしーspさん

      お、おめでとうございますー!
      やはりB帯と比べると、キツイと思います。
      でも、その分味方も頼もしくなるので、白熱したバトルを繰り広げれますよ!
      ホコを持っててもルート自体は作れますが、時間がかかりすぎるのでやめておいたほうがいいです(´・ω・`;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>