【スプラトゥーン】クイックボムを使おう!~強いぞ、クイックボム!編~【攻略】


【スプラトゥーン】クイックボムを使おう!~強いぞ、クイックボム!編~【攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回はたまーにガチマッチでクイックボム主体の人を見かけるので、私なりに色々と検証してみました(●´艸`)

 

スポンサーリンク

 

 

まず、このクイックボムに関してはかなり昔に記事にしております。

読んだことがない人、こちらから確認することができるので是非先に読んでみて下さい( ̄ー ̄)

 

 

 

読んでいただけましたかね?

読んだ方から続きをどうぞーっ!ヽ(^◇^*)/

 

 

 

 

 

 

 

以前の記事で、私はクイックボムのことを水風船と呼び、ネタ装備として紹介しております。

でも、時は流れ、クイックボムがめちゃくちゃ強いことが判明。

というか、超万能サブだということが判明。

もうネタとして扱うことなんてできない!!!

…まぁクイックボム主体でガチマッチに来る人がいるくらいですからね。

弱いわけがない( ゚Д゚)y─┛~~

 

 

 

というわけで、改めてクイックボムについて検証していきますよー!

 

 

 

まず、クイックボムを主体として戦う上でオススメされるギアは、

・攻撃力アップ
・ボム飛距離アップ

この二つとなります。

というわけで、最初は攻撃力アップギアの検証から見ていきましょう(´-ω-`)

 

 

 

 

スプラトゥーン クイックボム 強い オススメ

スプラトゥーン クイックボム 強い オススメ

2枚の画像を用意しました。

上が攻撃力アップギアを全く装備していない状態でクイックボムを直撃させたダメージです。

60と表示されていますね。

そして下がカス当たりのダメージです。

20と表示されています。

なお、カス当たりにも距離があり、上の画像は一番ダメージが低いカス当たり時のダメージです。

近づいて爆風を当てれば、もう少しだけダメージが上がります。

 

 

直撃だと2発で倒せることができますが、カス当たりだと5回も当てないと倒せません。

クイックボムのインク消費量は25%で、基本的に連続で4回しか投げることができないので、これでは実用的とはいえないでしょう(´・ω・`;)

そこで、攻撃力アップギアの出番となります。

 

 

 

 

スプラトゥーン クイックボム 強い オススメ

スプラトゥーン クイックボム 強い オススメ

次に用意した画像は、攻撃力アップギアをメインで3個、サブで2個装備した画像です。

直撃で75、カス当たりで25と表示されていますね。

これでカス当たりでも4発で敵を倒すことができるようになりました!

ようやく実用的になった感じヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 

 

ただし、これは敵が防御力アップギアを一つも装備していない状態での話です。

防御力アップギアを装備されると、当然クイックボムのダメージが下がるので注意しましょう(´-ω-`)

 

 

 

なお、参考になるか分かりませんが、

・攻撃力アップギアをメインに一個⇒直撃で65.4、カス当たりで21.8
・二個⇒69.9、23.3
・三個⇒73.4、24.4

となります。

攻撃力アップギアを何個装備するかはお任せしますが、どうせなら筋肉ムキムキ爆弾魔になることを私はオススメしますよ(●´艸`)

 

 

 

さて、それではもう一つのオススメギアであるボム飛距離アップについて!

 

 

 

 

スプラトゥーン クイックボム 強い オススメ

スプラトゥーン クイックボム 強い オススメ

スプラトゥーン クイックボム 強い オススメ

スプラトゥーン クイックボム 強い オススメ

一番上がボム飛距離アップギアが0個の状態で、下にいくにつれて1個ずつ装備していっています。

確実にクイックボムの飛距離が伸びていっていますね(●´艸`)

当然のことですが、飛距離が伸びれば伸びるほどクイックボムの使い勝手が増すので、適当に数個装備すると良いでしょう。

大体1個~2個装備する人が多いみたいですので、参考に( ̄ー ̄)

 

 

 

以上でクイックボムの紹介は終わりとなりますが、いかがでしたか?

スプラトゥーンが発売されて間もない頃は、クイックボムは弱いといわれていました。

そりゃあスプラッシュボムやキューバンボムと比べたら、ダメージが低いですからね…でも、今ではクイックボムの評価はうなぎ登り!

超万能サブとなっておりますヽ(^◇^*)/

 

 

 

使いこなすことができれば、非常に頼れるサブとなりますので、クイックボムをメインとして使う気がなくても、ある程度練習しておくといざというときに役立ってくれます( ̄ー ̄)

 

 

 

というわけで、今回はここまで!

最後までご覧いただき、ありがとうございましたー(●´艸`)

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>