【超不思議のダンジョン】クレセリアを仲間にする方法【ポケモン攻略】


【超不思議のダンジョン】クレセリアを仲間にする方法【ポケモン攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回は伝説のポケモン「クレセリア」を仲間にする方法を紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

「クレセリア」…これまた全く見覚えのないポケモンが出てきましたね(´・ω・`;)

調べましょう、すぐに調べましょう(´-ω-`)

 

 

 

ふむふむ、どうやらこの「クレセリア」というポケモン、初登場はダイヤモンド・パールみたいです。

ということは、私はプレイしていないので知らなくて当然ということですね!

よかったよかったw

 

 

 

 

ポケモン 超不思議のダンジョン クレセリア 仲間

ではでは、早速本題に入ります!

まず、「クレセリア」の出現場所は、「謎の大陸」にあるダンジョン「怪光の湖」のB27Fです。

B27F…これまた遠いなぁ(ノД`)・゜・。

 

 

 

なお、「怪光の湖」の出現条件は、「レックウザ」を倒し、仲間にしていることです。

「レックウザ」に関しては、以前の記事で紹介しているのでそちらを参照して下さいヽ(^◇^*)/

 

 

 

道中は、天気が頻繁に「すなあらし」になって地味にうざかったです( ̄□ ̄#)

あと、特性「プレッシャー」持ちの敵が数体いたので、PP管理はいつも以上にきちんとしておきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

ポケモン 超不思議のダンジョン クレセリア 仲間

無事B27Fに到着すると、「クレセリア」が待っててくれています。

み、三日月の化身…!?

これまた、とんでもないポケモンと知り合いになっちゃったものだなぁ…(´・ω・`;)

あ、あと「クレセリア」と戦う必要はありません。

ノー戦闘です(●´艸`)

 

 

 

 

ポケモン 超不思議のダンジョン クレセリア 仲間

ポケモン 超不思議のダンジョン クレセリア 仲間

ではいつも通り、仲間になった「クレセリア」の初期ステータスを晒しておきますヽ(^◇^*)/

うーん…もうね、初期ステータスを見ても強いか弱いか分からないw

各自で判断して下さい(ぉぃ

 

 

 

それでは今回はここまで!

伝説のポケモン、いい感じに集まってきたけどまだまだいるのかな…

さすがに疲れてきたぞー(´;ω;`)

 

 

・「レックウザ」に関する記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

「【超不思議のダンジョン】クレセリアを仲間にする方法【ポケモン攻略】」への4件のフィードバック

  1. さくさんこんばんは(^o^)
    クレセリアゲットおめでとうございます!
    クレセリアは原作では屈指の耐久力と回復技をもっている強いポケモンですね!
    さくさんはHPのドーピングはやっぱりオボンの実でされているのですか?
    276はすごいです!

    1. >ぱぴゅんさん

      こんばんは!
      そしてありがとうございます(●´艸`)
      HPに関しては、ラピスとオレンのみで補っているだけで、実際は180前後しかありません(ノД`)・゜・。

      1. わざわざ返信ありがとうございます!
        180でも十分すごいです!
        ポケモンダンジョンとてもおもしろいんですけど30階などのダンジョンが多いので長時間プレイしていると疲れてくるんですよね(つд;*)

        1. >ぱぴゅんさん

          まだ倉庫にオボンのみが7個眠ってるので、上げようと思えばあげれるのですが…さほどHPに困っているわけではないので上げてません(´・ω・`;)
          確かに高難易度のダンジョンは階層が多く、ダルいですよね。
          「ハラヘラーズ」シリーズで何度も40F↑のダンジョンを登りましたが、後半は半分寝ながらプレイしてましたよw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>