【セブンスドラゴン3】最終的なオススメレベル上げ狩場の紹介【VFD攻略】


【セブンスドラゴン3】最終的なオススメレベル上げ狩場の紹介【VFD攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回は最終的なレベル上げ狩場のオススメを紹介したいと思います!

あれ、タイトルと同じこと書いてるヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 

 

ま、まぁたまにはタイトルと同じこと書いても怒られないんじゃないですかね!

誰に怒られるのかは謎ですが(´-ω-`)

その辺の人に怒られておこう、そうしよう。

 

 

 

…と、いつも通りわけの分からないこと書いたので、本題に入ります!

 

 

 

 

セブンスドラゴン 3 VFD 攻略 オススメ レベル上げ 狩場

まずは狩場の紹介からですね。

本編クリア後に挑戦することができるようになる、「幻影首都・影」という場所になります。

まだ本編をクリアしていない人、すぐにクリアしましょう!

「ルーンナイト」と「バニッシャー」を使えば、本編クリアは楽勝だヽ(^◇^*)/

 

 

 

 

 

セブンスドラゴン 3 VFD 攻略 オススメ レベル上げ 狩場

この「幻影首都・影」、階層によって出現する敵が異なるのですが、私が一番稼ぎやすいと思った階層は「海抜191m」というところです。

最初のボスを倒した先の階層ですね( ̄ー ̄)

 

 

 

この階層では、

・リトルドラグα
・ウォールスナッチα
・ブラックホーンα
・クイーンラビ極
・フロワロシード極
・ゴールドラビ極

が出現します。

狙い目は「リトルドラグα」ですね!

一度に最大で4体出現するので、めっちゃ経験値稼げます(●´艸`)

 

 

 

なお、オススメのPT編成に関してはこちらの記事を参照して下さい。

一応この記事でも簡単に書いておきますが、「バニッシャー」の「アースクエイク」をぶっ放せば1ターンで倒すことができますヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 

 

注意点が2つありますが、1つ目は「リトルドラグα」の素早さが高いため、転身によるステータス強化をしていない場合、「バニッシャー」のSPDでは先制されてしまいます。

そこで、「ゴッドハンド」の「弾きの経絡」を使用しましょう。

元のSPDの数値にもよりますが、高確率で先制することができるようになるはずです( ̄ー ̄)

 

 

 

もう一つの注意点は、「ウォールスナッチα」「ブラックホーンα」の2体は、素の「アースクエイク」だとダメージが足らずに一撃で倒せないということです。

その場合は、これまた「ゴッドハンド」の「攻めの経絡」を使いましょう。

一撃で倒すことができるようになります(´-ω-`)

…「ゴッドハンド」、めっちゃ万能ですねw

 

 

 

あ、ちなみに「バニッシャー」の自動スキル「ウォークライ」が発動すれば、「攻めの経絡」を使わなくても問答無用で一撃で倒すことができるので、覚えておくと良いでしょうヽ(^◇^*)/

 

 

 

 

セブンスドラゴン 3 VFD 攻略 オススメ レベル上げ 狩場

ただし、育て始めの頃は上記の「海抜191m」はきついよ!という場合があるかもしれません。

その場合は1マップ戻って、一番最初の「最下層」というところでレベル上げをしましょう。

もらえる経験値は減りますが、その代わり強い敵もおらず、「アースクエイク」を連発するだけで気軽に経験値を稼ぐことができるようになります( ̄ー ̄)

唯一「エリマキドラグα」の素早さが高いので、先制されやすい点だけ注意しておけば問題ないと思われます(´-ω-`)

 

 

 

以上で、私がオススメする最終的な経験値稼ぎの狩場紹介を終わります!

上記でも少し触れましたが、オススメのPT編成などに関してはこちらの記事を参照して、少しでも効率よく敵を倒して下さいね!

ではでは、おつおつー✩

 

 

オススメのザコ狩り専用PTに関する記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>