【3銃士】8-3天空エリア・飛竜の砦のクリア方法【ゼルダの伝説攻略・画像付き】


【3銃士】8-3天空エリア・飛竜の砦のクリア方法【ゼルダの伝説攻略・画像付き】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回は8-3天空エリアの「飛竜の砦」のクリア方法を記事にしたいと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

いやー、このステージは落下死しまくりましたね(ノД`)・゜・。

意図しない場面での落下死が本当に多かったです…

詳しいことは下記で説明するので、皆さんは私みたいなことにはならないよう、注意して下さいね(。・人・`。))

 

 

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

というわけで、こちらが今回攻略する「飛竜の砦」です。

絶対ボスは飛竜だな…(´-ω-`)

入手できる材料は、「真紅のパール」と「あざやかな羽」です。

 

 

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

第一エリアです。

基本的に、突風に注意して進むだけです。

水晶玉をうまく利用し、少しずつ慎重に進めていけば問題ないでしょう。

 

 

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

第二エリアです。

ここも第一エリア同様、突風に注意しながら進めば大丈夫です。

ただし、最後に上の画像のような場所で敵と戦う必要があります。

敵自体は大したことないのですが、真ん中にある水晶玉を攻撃してしまうと壁の位置が代わり、操作していないキャラが突風で飛ばされ落下死してしまうという可能性が高いです。

気をつけましょう、とにかく気をつけましょう(´-ω-`)

 

 

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

第三エリアです。

少し進むと、上の画像のような場所に着きます。

「ハンマー」持ちがいないと先に進めないため、「ハンマー」を持っているキャラがニワトリを持ち、そのキャラを青色のキャラが持つようにしましょう。

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

次に、上に行き微妙に隠れている水晶玉を「ブーメラン」で攻撃します。

すると、すぐ上の扉が開きます。

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

扉が開いたら、その位置からニワトリで飛びましょう。

そしてスイッチを踏み、その先にある三人スイッチも踏みます。

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

あとは下に進み、ニワトリをそれぞれのキャラが持って、一人ずつ上昇気流を利用して進むだけです。

ここでもよく落下死するので、落ち着いて進めて下さいね( ̄ー ̄)

 

スポンサーリンク

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

最後、飛竜のボスです。

ほら、やっぱり飛竜だったヽ(^◇^*)/

最初から3体ほどいます。

 

 

ゼルダの伝説 トライフォース3銃士 攻略 画像 8-3 天空エリア 飛竜の砦

3パターン程度しか攻撃パターンはありませんが、一番の攻撃チャンスは上の画像のように地面に着陸し、回転攻撃を出したあとです。

このあとなら確実に一発攻撃を当てることができるので、積極的に狙っていきましょう( ゚Д゚)y─┛~~

 

 

 

以上で、「飛竜の砦」の攻略方法の紹介を終わります。

遂に次が最後ですね!

結局ラスボスは誰なのか!?

大体分かっていると思うけど、お楽しみにヽ(^◇^*)/

 

 

8-1・空中庭園のクリア方法に関する記事はこちら。

8-2・カラクリ浮遊城のクリア方法に関する記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>