【DQH2】追加ストーリー「マリベル&ガボ編」~スライムエッジ&スライムのツメ~【ドラクエヒーローズ2 攻略】


【DQH2】追加ストーリー「マリベル&ガボ編」~スライムエッジ&スライムのツメ~【ドラクエヒーローズ2 攻略】狩りゲー島どもどもっ、さくですよ!

今回は6月2日のアップデートで追加されたストーリー「マリベル&ガボ編」をプレイしたので、そのことを記事にしたいと思います。

 

 

6月2日に追加されたストーリーの2つ目です。

ちなみに、1つ目は「トルネコ編」ですね。

プレイしていない人は、是非プレイしてみましょーヾ(〃^∇^)ノ

 

スポンサーリンク

 

 

 やんちゃざかりの息子を探して

困り顔のおばさん

まずは、クエスト所の右側にいる困り顔のおばさんに話しかけます。

すると、息子がいなくなったので探してきて欲しいとのこと…ふむ、王道の人助けですね(´-ω-`)

 

 

 

やんちゃざかりの息子を探して

息子を探しに行くため、クエストを受けましょう。

なお、マリベルとガボをパーティ入れていかないといけないようです。

お忘れなく!

 

 

 

マリベルとガボ

ただ、クエストの特記事項を見てもどこへ行けばいいのか分かりません。

困り果てていると、クエスト受注後、すぐにマリベルとガボが教えてくれました。

マリベルは可愛いけど、ガボ頭デカすぎやろw

あと、撮影のタイミング悪くて半目になってるし…色々ごめんね、ガボ!w

 

 

 

バトルステージ

行方不明の息子は興味本位でピラミッドに向かったようなので、すぐにジャイワールにあるピラミッドへ向かいましょう。

そして、「やんちゃざかりの息子を探して」というバトルステージを選択。

 

 

 

ニオイは続くよ どこまでも

バトルスタートです。

「ニオイは続くよ どこまでも」

バトル名にセンスが感じられますねw

いいよ!こういうの好きだよ!!!

 

スポンサーリンク

 

 

ガボを守る

ちなみにこのステージでは、ガボに付いていく形となります。

付いていくと特定のタイミングで止まり、敵が出現します。

ガボがやられると敗北なので、ガボを守りながら敵を殲滅しましょう。

そこまで強くないので、適当にフルボッコにしちゃってください(●´艸`)

 

 

 

ピラミッドでのバトルをクリアすれば、クエストもクリアとなります。

お疲れ様でしたヽ(^◇^*)/

 

 

 

スライムエッジの性能

スライムエッジ

報酬のマリベル専用装備「スライムエッジ」です。

…うん、やっぱり弱いですよねーw

前回の記事でトルネコ専用装備の「スライムのそろばん」を入手しましたが、それが弱かったのでどうせこれも弱いんだろうなと思ってましたw

⇒スライムのそろばんに関する記事はこちら!

これ、一体何に使えばいいのだろうか…?(´・ω・`;)

 

 

 

スライムのツメ

スライムのツメ

もう一つ、こちらはガボ専用装備の「スライムのツメ」です。

はぃ、弱い弱い!

倉庫に叩きこんでしまええええええええええええええ(ノД`)・゜・。

 

 

 

最後に

以上で、追加ストーリー「マリベル&ガボ編」の紹介を終わります。

ピラミッドを探索している道中、マリベルとガボの話を聞くことができるのですが、やっぱりマリベルは可愛いですね(●´艸`)

ツンデレはいい!素晴らしい!!!

…リアルだと、ツンはあるけどデレがない女性ばかりですからね。

気を付けて!(何いってんだこいつ

 

 

スポンサーリンク

 

関連リンク

⇒追加ストーリー「トルネコ編」に関する記事はこちら!
⇒追加ストーリー「テリー&ハッサン編」に関する記事はこちら!
⇒追加ストーリー「マーニャ&ミネア編」に関する記事はこちら!
⇒追加ストーリー「ゼシカ&ククール編」に関する記事はこちら!

⇒追加ストーリー「アリーナ&クリフト編」に関する記事はこちら!

 


こちらの記事もどうぞ

「【DQH2】追加ストーリー「マリベル&ガボ編」~スライムエッジ&スライムのツメ~【ドラクエヒーローズ2 攻略】」への2件のフィードバック

    1. >匿名さん

      なるほど、ドレスアップ!
      スライム好きには堪らない…でしょうかね?(´・ω・`;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>