【GER】サリエルの結合崩壊・部位破壊・弱点講座【ゴッドイーター リザレクション攻略・画像付き】


【GER】サリエルの結合崩壊・部位破壊・弱点講座【ゴッドイーター リザレクション攻略・画像付き】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回は「サリエル」の結合崩壊講座を書いていこうと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

「サリエル」はアラガミの美人枠ですよね(●´艸`)

…え?何いってるか分からない?

いや、だって、女型のアラガミですよ?

それだけで美人枠確定でしょう!

間違いない!!!

 

 

…本題に入りまーすヽ(^◇^*)/

 

 

 

 

 

ゴッドイーター リザレクション 攻略 サリエル 結合破壊 部位破壊 画像

「サリエル」の結合崩壊可能部位は、

・頭
・スカート
・両足

の3つです。

 

 

 

 

 

ゴッドイーター リザレクション 攻略 サリエル 結合破壊 部位破壊 画像

「頭」

剣での攻撃が非常に効果的です。

効果的なのですが、高すぎて基本的に届かない(´;ω;`)

というわけで、ダウン時に狙うようにしましょう。

剣で攻撃すれば大ダメージを与えることができ、一瞬で結合崩壊できますよヽ(^◇^*)/

 

 

 

 

 

ゴッドイーター リザレクション 攻略 サリエル 結合破壊 部位破壊 画像

「スカート」

銃の破砕、もしくは剣の破砕で効率よくダメージを与えることができます。

なお、銃の破砕のほうが大ダメージを期待できるので、できれば銃の破砕で崩壊を狙うと良いでしょう( ̄ー ̄)

 

スポンサーリンク

 

 

ゴッドイーター リザレクション 攻略 サリエル 結合破壊 部位破壊 画像

「両足」

「サリエル」の部位の中では一番攻撃しやすい位置にありますが、めちゃくちゃ硬いです。

普通に攻撃してても、中々壊すことができません(ノД`)・゜・。

ただし、ダウン中は別です。

ダウン中は、何故かめちゃくちゃ柔らかい部位に早変わりするので、結合崩壊を狙うならダウン中にボッコボコにしましょう(●´艸`)

どの攻撃方法でも、大ダメージを与えることができます。

 

 

 

 

 

ゴッドイーター リザレクション 攻略 サリエル 結合破壊 部位破壊 画像

弱点属性は「神」以外の「火・氷・雷」です。

「火・氷・雷」ならどれでも大ダメージを期待できるので、とりあえず適当に属性が付いた装備でいきましょう。

間違っても「サリエル」相手に、無属性で行くことはしないように!

一気に面倒くさくなりますからね(ノД`)・゜・。

 

 

 

 

 

以上で、「サリエル」の結合崩壊講座は終わりです。

「サリエル」は初心者のうちはしんどいアラガミに感じますが、慣れればザコになります(●´艸`)

何度もボコボコにして、倒し方を掴んじゃって下さいなヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

「【GER】サリエルの結合崩壊・部位破壊・弱点講座【ゴッドイーター リザレクション攻略・画像付き】」への2件のフィードバック

  1. サリエル・・・ふつくしい・・・(^ω^)
    ゴッドイーターど初心者の自分が言うのも何ですが、破砕系の武器を使ってもダウンさせるのがやっとです。ゲーム内のアドバイスで、「まずは撃ち落とせ」と言っていますが、自分はバスターブレードでゴリ押しします・・・σ(^_^;)いっそ対サリエル用バレットでも作った方がいいのかなあ・・・
    誰かそんな都合のいいバレットを作ったという方はぜひ教えてください!!
    (じゃあ自分で作れよ)

    1. >カステラさん

      サリエル系はダウンを奪うことができれば一気に肉質が柔らかくなるので、まずは撃ち落とせと言ってるんでしょうね( ̄ー ̄)
      サリエル専用バレット、面白そうですヽ(^◇^*)/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>