【ADF攻略】アホみたいに強い「帝金竜」の倒し方・コツ【フェアリーフェンサーエフ】


【ADF攻略】アホみたいに強い「帝金竜」の倒し方・コツ【フェアリーフェンサーエフ】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回は「帝金竜」をようやく倒すことができたので、私なりの戦い方を記事にしておこうと思います!

 

スポンサーリンク

 

 

いやー、なんとか「帝金竜」を倒すことができましたよ!

マジでこいつ強すぎ!!なんなん!?!?!?

急にレベル上がりすぎでしょう(´;ω;`)

多分、何もしらないで特攻すると返り討ちにあうので、準備はしっかりと行って下さいね|ω・`)

 

 

 

 

 

フェアリーフェンサーエフ ADF ADVENT DARK FORCE 攻略 帝金竜 倒し方 強い

まず、出現場所は「地への回廊」の一番下、地下5層です。

 

 

 

 

 

フェアリーフェンサーエフ ADF ADVENT DARK FORCE 攻略 帝金竜 倒し方 強い

んで、こいつが例の「帝金竜」ですね。

HPが20万超えてるだと…!?

オーマイゴッド(´;ω;`)

 

 

 

 

 

フェアリーフェンサーエフ ADF ADVENT DARK FORCE 攻略 帝金竜 倒し方 強い

戦闘が始まると、いきなり「イノセントフォルス」という範囲技をぶっ放してきます。

そして、その後も定期的にぶっ放してきます。

この技が異常に強い!

ダメージでかすぎ(´;ω;`)

大体一発で5000↑の大ダメージを全員がくらうので、2回放たれると即ゲームオーバーです(ノД`)・゜・。

普通に真正面から戦っても、いずれ回復が間に合わなくなってやられてしまうことが多いでしょう(´-ω-`)

 

 

 

 

 

というわけで!

私は状態異常をかけまくるぜ戦法でいくことにしました。

え?もっと良い作戦名はなかったのかって?

そんなものありません!

私、脳筋野郎ですから!!!(ぉぃ

 

 

具体的には、

・スタン
・ダウンマジックアット
・パラライズ

を使いまくりました。

 

スポンサーリンク

 

 

「スタン」は、敵のターンを一つ飛ばしてくれます。

 

 

「ダウンマジックアット」は、敵の魔法攻撃力を下げてくれます。

「帝金竜」の「イノセントフォルス」が魔法攻撃なので、数回かけておくと目に見えてダメージが減ります。

これで生存率大幅アップですねヽ(^◇^*)/

 

 

「パラライズ」は敵をマヒ状態にします。

成功率は5割程度でそこまで高くないですが、効くと数ターンは「帝金竜」の動きを封じてくれるのでかなり有利に戦えます。

 

 

ただし、どの魔法も確実に効くわけではありません。

効かなくも、諦めず何度も何度もかけてやりましょう。

一度でも入れば、一気に有利になりますからね!!!

 

 

 

 

 

フェアリーフェンサーエフ ADF ADVENT DARK FORCE 攻略 帝金竜 倒し方 強い

上記の戦法でなんとか「帝金竜」を倒すことができました。

ふぅ…やったぜ!!!

あんなに強かったのに、もらえるものがしょぼすぎるw

ふざけんな( ̄□ ̄#)

 

 

 

 

 

フェアリーフェンサーエフ ADF ADVENT DARK FORCE 攻略 帝金竜 倒し方 強い

あ、でもその代わり、「メディス」というフューリーをいただきました。

か、可愛い!

しょうがない、「メディス」ちゃんに免じて許してやるか(何様

 

 

 

 

 

以上で、「帝金竜」の私なりの倒し方の紹介を終わります。

「帝金竜」は本当に強いので、一度負けても諦めず、何度も挑戦して下さいねー!

多少の運も絡んでくるので、いつかは倒せるはずですよヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>