【ドラクエ10】キャット・リベリオとの戦い~サポート仲間が主役になってます編~【DQXブログ日記】


【ドラクエ10】キャット・リベリオとの戦い~サポート仲間が主役になってます編~【DQXブログ日記】狩りゲー島どもどもっ、さくですよ!

今回はキャット・リベリオという猫のモンスターを倒したので、それまでのことを記事にしたいと思います!

 

 

モンスターが強い!

…めっちゃ苦労しました(ノД`)・゜・。

なんか途中から急に難易度上がってませんかね(´・ω・`;)

 

スポンサーリンク

 

 

 ジュレットの町に到着!

ジュレットの町

黒き花婿戦勝利後、しばらく進むとジュレットの町という大きな町に到着!

やったぜヽ(^◇^*)/

 

 

…でも、途中のジュレー島下層というところでめっちゃ苦戦しました(ノД`)・゜・。

あそこから急に敵が強くなって、難易度上がってません?

まさかしびれくらげに苦戦する日がくるとは…!

 

 

 

キンナー調査員

ジュレットの町に着いたので、ひとまず村長にご挨拶。

すると、キンナー調査員を遺跡に連れていけと命令されました。

おぃおぃ、休ませてくれよ…!

 

 

キンナー調査員「説明しましょう!」

 

 

ごめんwキンナー調査員のイメージがこれしか残ってないwww

これは真似したくなる口癖ですね…よし、今度リアルで言ってドン引きされようそうしよう(ぇ

ドラクエ10好きなら食いついてくれるか…!?

 

 

 

サポート仲間

あと、サポート仲間というのがあったので、早速仲間にしてみました!

レベル30までは無料で仲間にすることができるみたいですね…便利なこったヽ(^◇^*)/

ただし、この選択であんなことになるとはこの時誰も思わないのであった…

 

 

 

ブサ猫現る

猫

とりあえずストーリーを進めていると、ラーティス王国に行く手前でイベントが入り、謎の猫とご対面。

 

 

あ、あれ…?(´・ω・`;)

私が想像してた猫と100倍ぐらい違うんだけどwww

まずデカイ…そしてブサイク!w

ブサイクだから逆に可愛いというのもあるんですけどね…ほら、ブサカワって言葉があるぐらいですし(●´艸`)

 

 

 

ソーミャ

そして、ジュレットの町で出会ったソーミャちゃんにこのことは内緒にしてと泣かれました。

いや、まぁバラす必要ないし、ここは黙秘権発動でいいんじゃないですかね!

私は心が広いので、黙秘しといてあげるよ!!!(関係ない

 

 

 

サポート仲間が強すぎる

どくどくゾンビにやられる

順調にストーリーを進めていくさくこ。

でもね…酒場で雇ったサポート仲間が強すぎて肝心の私が空気とかしとる(´・ω・`;)

しかもどくどくゾンビにやられるというオチ付きでヽ(^◇^*)/

おいドラクエ10始めて2回目の死亡だぞこらあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

 

 

…ちょっとやられる回数多すぎですねw

自重せねば…(´-ω-`)

 

 

そしてどうしてこんなにサポート仲間は強いのだろう。

とても同じレベルとは思えないんだけど(ノД`)・゜・。

なんだ…ドーピングか!?(ぇ

私にもドーピング剤ください。

プロテインはいりません( ゚Д゚)y─┛~~

 

 

 

イケメンヒューザ登場

猫がばれるソーニャ

説明調査員…じゃなくて、キンナー調査員の遺跡探索が終わってジュレットの町に戻ると、ソーミャちゃんが隠していたブサ猫が町の人に見つかります。

あーぁ、やっちまった(ノД`)・゜・。

 

 

 

猫を奪うヒューザ

そこへ登場、イケメンヒューザ君!

キャーヒューザ様ああああああああああああああああああ(黄色い声

イケメンオーラをぷんぷん放ちながら、ソーミャちゃんから猫を奪い取ります。

やってることはきついなw

 

 

 

ソーニャと手を繋ぐヒューザ

…からの手繋ぎ!

あれ、展開早すぎてワケワカメ(´・ω・`;)

こうやって女性の心をわしづかみするんですね、分かります!

いや、違うな…勉強になります、ヒューザ先生!!!

※ストーリー的には猫を親の元へ帰しにいく話となります。

 

スポンサーリンク

 

 

見たことある猫モンスターが登場

キャット・マンマー

というわけで、早速猫島という場所へ猫を返しにいきました。

この明らかにボスっぽい猫の名前はキャット・マンマーというらしいです。

そのまんまーw

 

 

 

キャット・リベリオ

そしてもう一匹、家来みたいな猫が登場します。

 

 

…って、おまえはキャット・リベリオじゃないか!

DQMJ3で作ったぞ、おまえ!!!

確か、魔女グレイツェルのために頑張って記憶があるぞおおおおおおおおおおおおおおおおお

いやぁ、懐かしいですね(●´艸`)

 

 

ただ、こいつがキャット・マンマーの息子を捨てた犯人でした。

ゲスだな、キャット・リベリオw

おまえはそんなキャラだったのか…失望したっ!!!

 

 

 

VSキャット・リベリオ

キャット・リベリオ戦

そして、ゲス猫のキャット・リベリオとの戦闘。

ま、楽勝でしたね!

私は何もしてませんが!!

ぜーんぶサポート仲間が倒してくれました!!!

私いる意味ねえええええええええええええええええええええええええ(ノД`)・゜・。

…ちょっと自分の存在意義を確かめる必要があるな(´-ω-`)

 

 

 

青のキーエンブレム

無事、猫事件を解決すると村長から青のキーエンブレムをもらいました。

もらったのは良いことなのですが…あれ、これって何のために集めてるんだっけ?w

目的を忘れてしまったヽ(^◇^*)/

まぁとりあえずもらえるものはもらっておくタイプなので、適当にもらっておこうそうしよう(´-ω-`)

 

 

 

最後に

妖魔のまなざし事件

以上で、キャット・リベリオ戦までの紹介を終わります。

これ、サポート仲間いないとしんどいですね(´;ω;`)

最初だから仕方ないのかしら…

 

 

あと、妖魔のまなざし事件というサブストーリーもやりました!

受注前に色々と注意事項が表示されたので具体的なことは書きませんが…やってて楽しかったですヽ(^◇^*)/

ドラクエの推理モノもありですね!

最後、ちょっと感動しちゃったし…他にもこういうクエストないかな(●´艸`)

 

 

さてさて、ジュレットの町ですることは無くなったので、次は風の町アズランというところに行こうと思います。

どうせまた苦労するんだろうなぁ…ま、気長に楽しみながらプレイしていこうと思いますー!ヽ(^◇^*)/

 

スポンサーリンク

 


こちらの記事もどうぞ

「【ドラクエ10】キャット・リベリオとの戦い~サポート仲間が主役になってます編~【DQXブログ日記】」への4件のフィードバック

  1. ……あ、まーぶるちょこ?だかとしゃどぉべぃびぃを各4体作って満足してた(ゝω∂)てへぺろ☆

    帰ったらさっそく混ぜ合わせなければ( ー`дー´)キリッ

    1. >だらだらめたぼっちー(産業医認定)さん

      お、まだ頑張ってるんですね!
      ファイトですよ(ゝω∂)てへぺろ☆

  2. キャット・リベリオ討伐おめでとうございますー。
    僕はあれは強かった思い出があります……。納刀さみだれ斬りって技に苦戦してましたね。
    そうそう、さくさんと同じレベルなのに能力値が桁違いな理由は
    サポート仲間の人たちは「パッシブ」と呼ばれる補助パラメータをたくさん所得してるからだと思います。
    職業でレベルアップしてスキルポイントを振るとき、魔法使いだと「まほう」、戦士だと「ゆうかん」という職業ごとの「固有スキル」というものがあります。
    武器スキルにスキルポイントを振ると、その武器を装備したときに使える便利な特技がたくさん習得できます。
    一方、職業ごとの固有スキルにスキルポイントを振ると、その職業でのみ使える(一部例外あり)強い特技、呪文を習得できます。
    その他にも、「常時○○アップ」などというHPを増やしたり、魔力を増やしたりする補助パラメータが習得できます。これが「パッシブ」です。
    このパッシブが今のドラクエ10ではかなり重要です。なぜならこの「常時」というのが、
    「どの職業でも効果が出る」からです。
    つまりいろいろな職業の固有スキルにスキルポイントを振ってパッシブをたくさん取れば
    ものすごい能力アップができるというわけです。
    たぶんサポート仲間の皆さんはそのパッシブをたくさん取っていたから、さくさんより活躍してたんだと思います。
    さくさんも、いろんな職業に転職してパッシブをたくさんとることをオススメしますよー。

    1. >ましょまさん

      またまた有益な情報、ありがとうございます!
      ということは、序盤はパッシブスキルを中心に取ったほうがいいんですかね?
      今は両手杖スキルしか振ってないのですが…(´-ω-`)
      どこかのタイミングで、他の職業のレベルも上げなければ…!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>