【ゼノブレイドクロス】ゴーストステージの習得方法~画像付き~【攻略】


【ゼノブレイドクロス】ゴーストステージの習得方法~画像付き~【攻略】狩りゲー島ども!最近は強力なアーツを覚えれるクエストばかりしているさくですよ!

今回は巷で有名な「ゴーストステージ」の習得方法を画像付きで紹介しちゃいます!

 

スポンサーリンク

 

 

「ゴーストステージ」は、生身で格上のオーバードと戦う場合に必須のアーツらしいです。

まぁ、「ゴーストウォーカー」だけで十分だし!という意見もあるので、絶対に必要というわけではなさそうですが…念のため取っておいたほうが良さそうですね、そうしましょう。

というわけで、「ゴーストステージ」の習得方法の説明に入らせていただきます(´-ω-`)

 

 

 

ゼノブレイドクロス ゴーストステージ 習得 方法

ゼノブレイドクロス ゴーストステージ 習得 方法

クエスト名は「過去と今」です。

なんかかっこいいクエスト名だぞ!期待できる!

受注場所はブレイドホームですね。

 

 

 

はぃ、皆さんお気づきの通り、エルマとのハートが4つも必要なキズナクエストです。

もうキズナクエストっていう響きが嫌になりそうです、助けて!( ̄□ ̄#)

といっても、エルマさんはストーリーの関係上、よくPTを組むので、いつのまにかキズナがマックスになっていると思います。

だから大丈夫だよね、きっと!

 

 

 

あと、このキズナクエストは本編クリア後じゃないと出現しないみたいです。

ですので、「ゴーストステージ」を覚えて格上オーバードに俺つええええええええ!!!!!したい人、急いで本編をクリアしましょう。

話はそれからだ( ̄ー ̄)

 

 

 

ゼノブレイドクロス ゴーストステージ 習得 方法

クエスト内容は非常に簡単なもので、レベルが高い敵を計3体倒すだけです。

レベルは80とかなり高めに設定されていますが…アレス君のアガースラカノンで一撃でした。南無(´-ω-`)

 

 

 

ゼノブレイドクロス ゴーストステージ 習得 方法

敵を倒すと、あとは適当なムービーが流れて無事「ゴーストステージ」をゲット!

いやー、楽でした!w

 

スポンサーリンク

 

 

それでは、一番気になる「ゴーストステージ」の性能を晒しちゃいますよ(●´艸`)

 

ゼノブレイドクロス ゴーストステージ 習得 方法

おら!どや!

えっと、リキャストは27秒で、効果はフェイクボディⅢ、効果時間は30秒ですね。

最大の特徴は、自分だけじゃなくて味方にもフェイクボディⅢをかけれるという点ですね。

これは素晴らしい!

 

ただし、TPを1000も消費します。

普通の状態では中々使い辛いアーツではないでしょうか(´・ω・`;)

ま、使うのは主にO.C.ギア状態のときになると思うので、その場合は何の問題もないですね!多分!

 

 

 

さてさて、ついでに「ゴーストウォーカー」の性能も晒して比較しちゃいましょう!

 

ゼノブレイドクロス ゴーストステージ 習得 方法

はぃ、こちらが「ゴーストウォーカー」です。

性能はリキャストが54秒で、効果はフェイクボディⅤ、効果時間は30秒です。

また、自分にしかフェイクボディⅤをかけることができません。

 

 

 

二つのアーツは違いは、リキャストの長さ、効果レベル、効果範囲の3つですね。

リキャストと効果範囲は「ゴーストステージ」に軍配が上がり、効果レベルのみ「ゴーストウォーカー」が勝っています。

ただし、この効果レベル、いまいち違いが分かりません。

公式の説明書に、「一定回数、敵の攻撃を回避できます」と書いてあるので、おそらく回避できる回数に差があるのだと思われますが…真相は謎です(´-ω-`)

そのうち誰かが調べてくれるだろう、うん!!!(他人任せ

 

 

 

以上で「ゴーストステージ」の習得方法、それから性能晒しを終わります。

結局、「ゴーストステージ」と「ゴーストウォーカー」どっちがいいの?と聞かれると明確な返答ができませんが、TPを確保できる状態であるならば「ゴーストステージ」を使えばいいと私は思います。

ま、最悪両方スロットに入れておきましょう!

2つあって困るアーツじゃないですからね( ゚Д゚)y─┛~~

 

桜花乱舞の習得方法~画像付き~に関しての記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>