【DQ8 3DS】追憶のアルゴンの倒し方・コツ【ドラクエ8攻略】


【DQ8 3DS】追憶のアルゴンの倒し方・コツ【ドラクエ8攻略】狩りゲー島どもっ!さくですよ!

今回も引き続き、追憶の回廊のボスを攻略していこうと思います!

なお、今回の相手は「追憶のアルゴン」です(●´艸`)

 

スポンサーリンク

 

 

「追憶のアルゴン」…名前だけ見ると、どんな敵かさっぱりですね(´・ω・`;)

まぁ、実際はただの太ったトカゲですがヽ(^◇^*)/

そういえば、以前の記事でも太ったもぐらとか書いてたなぁ…やっぱり私はデブ専…いや、ぽっちゃり専なのだろうかw

 

 

 

 

dq8 3ds 追憶の回廊 追憶のアルゴン 攻略

dq8 3ds 追憶の回廊 追憶のアルゴン 攻略

話が盛大に逸れているので、戻しましょう(´-ω-`)

はぃ、こちらが「追憶のアルゴン」ですね!

ほら、やっぱり太ったトカゲだw

 

 

 

「追憶のアルゴン」の行動パターンは、

・通常攻撃
・痛恨の一撃
・なぎ払い
・飛び掛かり
・おたけび
・三回行動

となっております。

この中で気を付けなければいけないのは、必ず三回行動をする点と、痛恨の一撃、それからおたけびですね。

特におたけびをされると、高確率で1ターン休みにされるだけなく、テンションも0に戻されるのでできるだけ避けたいところです。

といっても、おたけびに関しては完全に運ですので、とにかくおたけびを使われないよう祈るしかありませんが…(ノД`)・゜・。

 

 

 

また、攻撃方法は基本的に単純な物理攻撃オンリーです。

つまり、回避することができればノーダメージでいけます。

全てを回避することは当然不可能ですが、ある程度なら避けることができるようになるので、しっかりと対策しておきましょう。

 

 

 

では、その対策とは何か?

回避率が上がるものを装備するだけです(●´艸`)

単純で申し訳ないw

 

 

 

具体的に書くと、

・やみのころも(入手方法はこちら
・ファントムマスク(入手方法はこちら
・しんぴのビスチェ(入手方法はこちら

を装備します。

ただし、主人公だけは回避率が上がるものを装備できないので、守備力重視でいきましょう。

 

スポンサーリンク

 

 

また、本作では素早さを上げることで回避率も上昇するらしいです。

ですので、戦闘中にピオリムをかけることも忘れないようにしたいですね( ̄ー ̄)

 

 

 

それでは以下に、私が実際に「追憶のアルゴン」を倒した際の戦い方を書いていこうと思います。

パーティメンバーは「主人公・モリー・ククール・ゼシカ」の4人です。

いっつもこのメンバーですね…そろそろ変えようかしら(´-ω-`)

でも、このメンバー安定してるんだよなぁ…(´・ω・`;)

 

 

 

・主人公⇒ためる。テンションが50or100になったらドラゴンソウル。いざというときは、ベホマズンで回復する。

・モリー⇒モリーエールを主人公に使いまくる。最悪ザオリク。

・ククール⇒1ターン目にスクルト。あとはベホマ、ベホマラー、ザオリクで回復役に。

ゼシカ⇒ピオリム、ふしぎなタンバリン、最悪ザオリク。

 

 

 

以上の戦法で無事、「追憶のアルゴン」を撃破することができました!

お疲れ様でした(●´艸`)

だんだん敵の痛恨の一撃のダメージが大きくなり、HPが少ないキャラが狙われると即死してしまうケースが増えてきました。

即死してしまった場合は、すぐにザオリクで蘇生して体勢の立て直しを図りましょう。

 

 

 

次の敵は「追憶のクロウ」か…同じ人間(幽霊ですがw)だから、負けるわけにはいかないですね!!!

 

 

「追憶のモグーラ」の倒し方に関する記事はこちら。

「追憶のクロウ」の倒し方に関する記事はこちら。

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>