【討鬼伝 極】ヤトノヌシの部位破壊・弱点講座【攻略】


【討鬼伝 極】ヤトノヌシの部位破壊・弱点講座【攻略】狩りゲー島どもっ!今回は私の大嫌いな鬼、ヤトノヌシの部位破壊講座ですよ!

遠距離武器ならまだ楽ですが、近接武器だと苦戦すること間違いなしの鬼です( ̄□ ̄#)

 

スポンサーリンク

 

 

はぃ!大嫌いなヤトノヌシの記事を書く前に、いつものちょっとだけ自慢したくなるトリビアの紹介です!

 

 

 

 

 

 

 

毒ヘビとして有名なマムシだが、噛まれても死亡率は0.5%以下である。

 

 

 

へー( ゚Д゚)y─┛~~

なんだ!噛まれても全然平気じゃん!!

…と、一瞬思いましたが、死ぬときは死にますからね(´・ω・`;)

ためになるようなならないような…微妙なトリビアでしたw

 

 

 

さて、討鬼伝 極の話に戻します!

ヤトノヌシの部位に関してですが、

 

切断可能部位は【前腕(左右)・後腕(左右)・尻尾】の5箇所

破壊可能部位は【肩(左右)・腰の棘(左右)・角】の5箇所

 

計10箇所です。

部位のほとんどが上部にあり、そのせいで近接武器で全部位破壊を目指すのは大変です。

遠距離武器だとすごく楽なんですけどね…(´-ω-`)

 

スポンサーリンク

 

 

弱点属性は地です。

 

 

 

全部位破壊のコツですが、とにかく部位が上部に集中しているので破壊しにくいです。

遠距離武器の場合、初っ端から高い部位へ積極的に攻撃していきましょう。

近接武器の場合、まずは尻尾の切断からオススメします。

これは、尻尾を切断することによって、ヤトノヌシが転倒しやすくなるためです。

また、前腕(左右)の切断も積極的に狙いましょう。

通常時は何の意味もないですが、前腕を壊しておくと、タマハミ状態時に転倒するようになります。

転倒したら、すぐに上部の部位を攻撃しましょう。

なお、これは私だけかもしれませんが、よく肩の部位破壊を忘れてしまいますw

皆さんは忘れないよう、注意して下さいね(´-ω-`)

 

 

 

注意すべき攻撃ですが、吸引攻撃ぐらいでしょうか。

吸引攻撃は文字通り、吸い込まれてダメージを与えてくるのですが、吸い込まれたらすぐに逆方向に走れば逃げれます。

というわけで、実質は注意すべき攻撃無しですね( ̄ー ̄)

どちらかというと、正面への攻撃が非常に多いので、普段はヤトノヌシの正面に立たないようにしましょう。

 

 

 

ヤトノヌシは全部位破壊という観点でみると、近接武器だと厳しく、遠距離武器だと非常に楽です。

私がいうんだから間違いない!(勘違い)

もし近接武器で苦戦している人、一度遠距離武器でいってみるといいですよ!

びっくりするぐらい楽ですから(●´艸`)

 

スポンサーリンク

 


こちらの記事もどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>