【進撃の巨人】最終防衛線の特殊任務クリア方法~巨人を40体以上倒そう編~【PS4・VITA・PS3・AOT攻略】


【進撃の巨人】最終防衛線の特殊任務クリア方法~巨人を40体以上倒そう編~【PS4・VITA・PS3・AOT攻略】狩りゲー島よっ、どもっ!さくですよ!

今回もPS4・PS3・VITAで発売されている進撃の巨人の記事となります。

進撃モード最後の任務「最終防衛線」で、巨人が40体以上出現しなくて特殊任務をクリアすることができない!というお声をいただいので記事にしたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

 

私はほとんど特殊任務をやっていません。

…ごめんなさい、嘘つきました。

全くやっていません(ノД`)・゜・。

しかし、お声をいただいたからにはやりましょう!やってみせましょうぞ!!!

 

 

 

最終防衛線を受けよう

最終防衛線

まずは過去の任務で最終防衛線を選択して下さい。

超大型巨人が出現する任務ですね!

…難易度たけぇ(´;ω;`)

 

 

 

特殊任務の内容

特殊任務

特殊任務の内容ですが、

 

・鋼の巨人を1回以上倒す
・リヴァイ、またはエルヴィンを仲間にする
・巨人を40体以上倒す

 

の3つとなっております。

ではでは、一つずつ見ていきましょうか!

 

 

 

鎧の巨人を倒そう

鎧の巨人

まずは鎧の巨人を倒します。

これは特に問題ないですね…普通に鎧の巨人を倒しましょう(´-ω-`)

 

 

 

リヴァイ、またはエルヴィンを仲間にしよう

エルヴィン

私の場合リヴァイでプレイしていたので、エルヴィンを仲間にしました。

エルヴィンは全ての任務完了後に出現するようなので、適当に任務をこなしまくりましょう。

誤って超大型巨人を先に倒してしまわないよう、注意ですよ!

 

スポンサーリンク

 

 

巨人を40体以上倒そう

ハンネスとリコ

これが問題の任務ですね。

多くの人が巨人を40体以上倒せない…正確には出現せずに困っているようです(´・ω・`;)

 

 

ではどうすればいいのか?

ある程度任務をこなすと、マップの北西にハンネスとリコが現れます。

こいつらが原因です( ̄□ ̄#)

 

 

壁上からの砲撃

ハンネスとリコの任務を完了してしまうと、上の画像のように壁上から砲撃が始まります。

この砲撃により、どうやら本当に巨人の数が減ってしまうようです。

結果、40体以上出現するはずの巨人が出現しなくなる、もしくは消えてしまい、途方に暮れる…という感じですね(´-ω-`)

 

 

というわけで、ハンネスとリコは最後のほうまで無視しましょう!

後回しにしまくって下さいw

死にそうになるぐらいまで放っておいてやりましょう(●´艸`)

どれくらい放置すればいいのかまでは分かりませんが、私はハンネスとリコの任務を最後にしました。

これで無事40体以上の巨人を倒すことに成功!

やったねヽ(^◇^*)/

 

 

 

異形の巨人を倒そう

異形の巨人

特殊任務が全て完了すれば、あとは北西に出現する異形の巨人を倒すだけです。

すこーしばかり強いですが…ま、いつも通り戦えば大丈夫でしょう!

 

 

 

最後に

44体討伐

結局、私のデータでは44体の巨人を倒すことができました。

もしかしたらまだ出現するのかもしれませんが…とりあえずは目標の40体をクリアしているので良しとします( ̄ー ̄)

同じような現象で困っているそこのあなた!

ハンネスとリコは無視、これで安定ですよ(●´艸`)

 

 

スポンサーリンク

 

 

Twitter・Feedlyの紹介

最後までブログを読んでいただき、ありがとうございます。

さて、こんなブログですが、一応TwitterとFeedlyもやっております。

もし、少しでも興味を持っていただけたのでしたら、良ければ登録していただけると嬉しいです(●´艸`)


follow us in feedly

よろしくお願いします|ω・`)チラ


こちらの記事もどうぞ

「【進撃の巨人】最終防衛線の特殊任務クリア方法~巨人を40体以上倒そう編~【PS4・VITA・PS3・AOT攻略】」への2件のフィードバック

    1. >むうさん

      おぅ…これは素に間違えてました(´;ω;`)
      指摘、ありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>